個人成績

千葉ロッテマリーンズの選手の個人成績考察

角中が首位打者!千葉ロッテの交流戦の個人成績振り返り(打者編)

昨日更新した投手編(千葉ロッテ投手陣がMVP級の活躍をしマクッた交流戦の個人タイトルを振り返る!)についで今回は打者編となります。   角中が交流戦首位打者を獲得! 角中が4割超えの高打率で首位打者を獲得しました。2位のベイスターズ宮崎とは6厘差でした。これは角中があと1本ヒットが少なかったら、もしくは宮崎があと1本ヒットが多かったら逆転していました。まさに白熱の首位打者レースだったとい […]

千葉ロッテ投手陣がMVP級の活躍をしマクッた交流戦の個人タイトルを振り返る!

今日で交流戦も全日程が終了しました。最終試合で阪神とオリックスが引き分けた為、オリックスの2位、千葉ロッテの3位が確定しました(1位はヤクルト)。 残念ながらマリーンズから交流戦のMVPが選ばれる事はなくなりましたが、はっきり言ってマリーンズにはMVP級の活躍をしている選手は何人もいます。という事で、気になる交流戦の個人成績を見てみましょう。   防御率はTOP10にロッテの投手が3名! […]

千葉ロッテの救世主のボルシンガーはタイトルを獲得できるか?

ボルシンガーの個人タイトル獲得の可能性 現在パ・リーグ5位に低迷する千葉ロッテにおいて神懸かり的な活躍をしてチームを引っ張ってくれているのが、新助っ人のマイク・ボルシンガーです。ファンからは早くもボル神ガーと呼ばれ、すでに絶大な信頼を得ています。 このままボルシンガーがシーズンを通して活躍を続けてくれれば千葉ロッテの上位躍進の原動力になるのは間違い無いのですが、そうなってくると気になるのは個人タイ […]

投球内容が示す千葉ロッテのストッパー内竜也の進化!

代名詞は縦スラ!怪我さえなければ日本を代表するストッパー! 内竜也と言えば千葉ロッテマリーンズの頼れる守護神です。 6月1 1日現在でセーブ数もオリックス増井に次いで第2位に付けています。 その内の代名詞と言えば怪我!・・・ではなくw 内と言えば150キロ超の豪速球とエゲツない変化のスライダー(縦スラ)です。 昔はカットボールも多投していましたが、近年はほぼこの2球種で投球を組み立てています。 球 […]

千葉ロッテ荻野貴司が6試合連続マルチ安打!連続マルチヒットの日本記録は?

荻野貴司が6試合連続マルチヒット中!直近6試合の打率が.576! 6月5日の中日戦を1-0で勝利し絶賛4連勝中の我らが千葉ロッテマリーンズ。そんな中でも先頭バッターの荻野貴司が特に絶好調で、チームを牽引しています。 その荻野ですが、現在6試合連続マルチヒット中です。   5/31 対スワローズ 5打数2安打 6/1 対広島カープ 4打数2安打 6/2 対広島カープ 5打数4安打 6/3  […]

マリーンズの3月4月度の月間MVP(打者)を独断と偏見で選んでみた!

chibalottemarines

マリーンズの選手の中から3・4月度の月間MVPを筆者の独断と偏見で選んでみました。 前回の投手編に続いて今回は打者編です。   3・4月度のマリーンズ打者のMVPは中村奨吾 打者のMVPは中村奨吾でしょう。14年のドラフト1位で大いに期待されてロッテに入団した奨吾が、入団4年目にしてついにマリーンズの中心選手と言えるような活躍をしてくれました。以下が奨吾の今シーズンここまでの成績です。 […]

マリーンズの3月4月度の月間MVP(投手)を独断と偏見で選んでみた!

chibalottemarines

早いもので2018年シーズンも3月4月が終了しました。 我らが千葉ロッテマリーンズは12勝12敗の勝率5割で4位。Bクラスですが、3位のソフトバンクとは0.5ゲーム差、2位の日本ハムとは1.5ゲーム差と背中は目の前に見えています(1位西武とは7ゲーム差と離れていますが)。マリーンズ内での月間MVPを独断と偏見で選んでみたいと思います。今回は投手編です。   マリーンズ投手の月間MVPは文 […]