マリーンズの3月4月度の月間MVP(投手)を独断と偏見で選んでみた!

マリーンズの3月4月度の月間MVP(投手)を独断と偏見で選んでみた!

早いもので2018年シーズンも3月4月が終了しました。

我らが千葉ロッテマリーンズは12勝12敗の勝率5割で4位。Bクラスですが、3位のソフトバンクとは0.5ゲーム差、2位の日本ハムとは1.5ゲーム差と背中は目の前に見えています(1位西武とは7ゲーム差と離れていますが)。マリーンズ内での月間MVPを独断と偏見で選んでみたいと思います。今回は投手編です。

 

マリーンズ投手の月間MVPは文句無しで石川歩

投手のMVPは文句無しでゴエモン(石川歩)でしょう。

以下が3月・4月度の石川の成績です。

 

・勝利:3勝(リーグ3位タイ)

・防御率:2.20(リーグ3位)

・奪三振:20(リーグ14位)

・奪三振率:6.28(リーグ12位)

・勝率:1.00(リーグ1位タイ)

・投球回:28.2(リーグ11位)

・完投:1(リーグ2位タイ)

・QS4(リーグ4位)

・K/BB2.22(リーグ12位)

・WHIP1.26(リーグ10位)

 

昨シーズンはWBCの影響もあり不本意な成績でしたが、今シーズンは早々に完全復活を印象付ける活躍をしてくれました。先発した4登板すべてでクオリィースタートを達成し、勝率は1位タイ、勝利数と防御率は共にリーグ3位です。今シーズンは何らかしらのタイトルを獲得してくれそうですね。

 

次点はパ・リーグ唯一の完封勝利をあげたエース涌井秀章!

投手の次点は涌井でしょう。以下が涌井の成績です。

 

勝利:2勝(リーグ7位タイ)

防御率:2.60(リーグ8位)

奪三振:26(リーグ4位)

奪三振率:6.75(リーグ9位)

勝率:.500(リーグ7位タイ)

投球回:34.2(リーグ6位)

完投:1(リーグ2位タイ)

完封:1(リーグ1位)

QS3(リーグ6位)

K/BB1.44(リーグ16位)

WHIP1.3(リーグ13位)

被本塁打:0

 

開幕戦で7回無失点のピッチングを見せるもチームが敗北すると、その後はコントロールに苦しみ精彩を欠くピッチングが続いていました。自分もちょっと心配していましたが、4/26の楽天戦ではそんな不安を払拭してくれる完封勝利を披露してくれました(パ・リーグではまだ完封は涌井1人のみです)。悪いながらもしっかりとイニングは消化してくれるので、投球回はチーム内でダントツの1位。QS3とリーグ6位の数字を残してくれました。また、今シーズンまだ被弾していないというところも流石ですね。石川とのダブルエース体制で勝利を積み上げていってほしいですね。

 

5月は誰が活躍してくれるのでしょうか。各投手の活躍とマリーンズの躍進に期待したいですね。

Pocket