【60試合みてわかった】DAZNでプロ野球を視聴するデメリット(というか文句)

【60試合みてわかった】DAZNでプロ野球を視聴するデメリット(というか文句)

みなさんプロ野球の試合は何で視聴してますか?自分は昨シーズンはパ・リーグTVでしたが、今シーズンはDAZN(ダゾーン)で視ています。プロ野球の試合を約60試合DAZNでみた筆者が思うDAZNの不便なところ・改善してほしいところを書いていきます。

 

DAZNは遅延が酷すぎる!ツイッター見たらネタバレになってしまう!

DAZNはとにかく遅いです。肌感覚ですが、酷いと2〜3分ぐらい遅れてる感じがするんですけど(流石にそこまで遅れてないですかね?)。で、遅延してると何が困るかと言うと、リアルタイムで試合を観ている人のツイッターがネタバレになっちゃうって事です。

自分は試合をみながらツイートをしているので、試合中にツイッターのタイムラインをよく眺めています。そうすると、遅延なしのリアルタイムで試合を見ている人のツイートが自分からしたらネタバレ(フライング)になってしまうんですよね。例えば、9回裏でマリーンズが1点リードしてて2アウト2塁という”あと1人で試合終了だけど一打同点”という緊迫の場面で、ツイッターで「まりほー(マリーンズが勝った時に呟くツイート)」とかツイートが流れてくると、勝って嬉しいけど先に結果を知ってしまって残念、という何とも言えない複雑な気持ちになっちゃいます。

これが非常に困るんです。試合中にツイッター見れなくなっちゃいますからね。野球鑑賞の楽しみが1つ無くなってしまうようなものです。

 

30秒進む機能が使え無さ過ぎる!

DAZNには30秒進む30秒戻るボタンが設置されています。ワンタッチで30秒間進んだり戻ったりできるので便利な機能なのですが、プロ野球を視聴する場合は使えないボタンなんですよね。

このボタンを使う場面を考えてみると、ライブ配信ではなく見逃し配信(後から録画で試合を見る)の場合だと思います。で具体的にどんな場面で使うのかというと、ピッチャーが投げ終わった後に、次の投球をすぐ見たいからコマ送りをするって場合ですね。でも30秒も進んじゃうと次の投球が終わってるんですよね。なので、結局コマ送りはせずに見ることになっちゃうんですよね。野球を見る場合は30秒は飛ばし過ぎなんですよね。

とはいえ、20秒でも投球間隔が短いピッチャーによってはギリギリになると思うので、10秒とか15秒だと丁度いい感じだと思います。ちなみに同じ動画サービスのAMAZONプライムだと10秒なんですよね(もちろんAMAZONはプロ野球は見れませんが)。個人的にはDAZNも10秒に変えて欲しいです。

 

 

↓DAZN(ダゾーン)をダズーンって読んでしまった人はクリック↓

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
にほんブログ村

 

 

youtubeチャンネルで千葉ロッテの動画もアップしてます。

良かったらチャンネル登録お願いします。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

Pocket