【試合詳細】西武に勝ち越し!/18年4月12日ロッテVS西武

【試合詳細】西武に勝ち越し!/18年4月12日ロッテVS西武

西武に3タテなるか

2018412

千葉ロッテVS埼玉西武

ZOZOマリンスタジアム

開幕8連勝からロッテに2連敗した西武と、首位西武を3タテしたいロッテの3試合目。ロッテは中6日でエース涌井、西武は阪神から移籍した榎田が先発です。この試合前の時点でマリーンズは首位西武と2ゲーム差の2位、勝てば首位も射程圏内に入ってきます。

ロッテに連敗した西武はスターティングメンバーを入れ替えてきました。キャッチャーを昨日までの森に代えて炭谷、8番だったメヒアを5番に据え、松井稼頭央を9番レフトで起用してきました。対するロッテもこの日一軍に昇格した伊志嶺を6DHでスタメン出場させています。

 

ラッキーな形でロッテが先制!今日もいけそうな雰囲気!

1回表。涌井はヒットと2つのフォアボールで1アウト満塁のピンチを迎えます。この日の涌井はストライクとボールがはっきりして制球が定まりません。ここで打席には前日8番から繰り上げとなったメヒアを迎えます。しかしここは涌井が円熟のピッチングで5-4-3のダブルプレーに打ち取りピンチを凌ぎます。涌井は尻上がりに調子が上がってきますから、ここをゼロで抑えたのは大きい…と思っていたのですが。

1回裏。1番荻野は初球を打つもサードゴロに倒れるも、2番藤岡がデッドボール、3番好調の中村奨吾がセンターへのヒットで12塁とチャンスを作ります。ここで4番の井上が大きなフライを放ちますが、伸びが足りずセンターフライに終わるかと思いきや、センター秋山とライト外崎がお見合いするような形になり2点タイムリーツーベースとなります。センター秋山は確実に追いついていた打球でしたので、ラッキーな形での先制点となりました。続く5番鈴木大地はショートゴロ、6番伊志嶺はライトフライでスリーアウトチェンジとなります。

2回表も涌井はピンチを迎えます。6番外崎内野安打、7番中村はスライダーで空振り三振、8番炭谷がセンターへのヒットで1アウト12塁となります。9番松井稼頭央はショートライナーに打ち取るも、1番秋山にレフト前にタイムリーヒットを打たれ2-1となります。なおも12塁とピンチは続きますが、2番源田はセカンドフライに抑えます。

2回裏のロッテの攻撃は、7番菅野が三振のあと、8番清田がフォアボールで出塁します。ここで昨日散々バントを失敗した田村に回ります。田村はここでもバントに失敗しファールフライで2アウト。その後1塁ランナー清田が牽制で挟まれアウト。この回はランナーを出しましたが拙攻で3人で攻撃が終了となりました。

3回表の涌井は3番浅村、4番山川、5番メヒアを三者連続でショートゴロ。涌井はいつも通りこの辺からエンジンがかかってきたかとおもったのですが

3回裏のロッテの攻撃は、先頭の1番荻野がレフト前ヒットで出塁後、2番藤岡がキッチリとバントを決め得点圏にランナーを進めます。しかし、3番中村はピッチャーゴロ、4番井上は三振に倒れ、このチャンスは生かせません。

 

涌井が制球定まらず中盤で西武に畳み掛けられ逆転負け

4回表のライオンズの攻撃は6番外崎がレフトへのヒット。外崎はセカンドを狙いますが、レフト菅野の好返球で2塁タッチアウト。微妙なタイミングだったため西武の辻監督はリクエストを要求しますが、覆らず1アウト。

しかしこの日の涌井はピリッとしません。続く中村がフォアボール、炭谷がヒットで12塁となり松井稼頭央に同点となるタイムリーヒットを打たれます。続く秋山もフォアボールで満塁のピンチ。源田には上手くスプリットを打たせピッチャーゴロでホームフォースアウトで2アウトとなりますが、制球に苦しむ涌井は続く浅村に押し出しのフォアボールを与えてしまい2-3と逆転を許します。しかしながら4番山川はアウトローへのストレートで見逃し三振に打ち取り3者残塁でチェンジとなりました。

ロッテは4回から6回まで毎回2塁までランナーを進めますが、あと一本が出ず無得点。対する西武は5回に炭谷のタイムリー、6回には浅村の2ランで追加点を挙げ、2-6と離されます。

その後は両チーム無得点が続き9回裏。西武の抑え増田から伊志嶺と清田が連打でノーアウト13塁のチャンスを作ると、代打福浦さんがファールで粘り最後は鮮やかにレフト前にタイムリー。3-6とします。これで福浦さんは1970本目のヒット。2,000本安打まであと30本となりました。

ここでライトスタンドからはTPT(ターニングポイントテーマ)が発動されます。しかし続く平沢大河はインフィールドフライ、1番荻野はショートゴロゲッツーで試合終了。3-6で敗戦です。

序盤はリードを奪うもエース涌井が乱調で逆転され、中盤以降のチャンスでもあと一本が出ず、負けるべくして負けてしまいました。とはいえ、好調だった首位西武に勝ち越しましたので、前向きに次のソフトバンク戦に臨みましょう。

 

平沢大河外野で出場なるか?

ところで今日から大河が外野の守備練習をしていました。オープン戦から打撃が好調だっただけに外野でもいいのでフル出場が見てみたいですね。個人的には春が終わってアジャの調子が落ちてきたらファーストで、なんてこともあるんじゃないかと思います。そうならないように、アジャには秋までこの調子を維持してほしいものです。

Pocket