【試合詳細】サファテから勝ち越しも悔し過ぎるサヨナラ負け!18年4月15日ロッテVSソフトバンク

【試合詳細】サファテから勝ち越しも悔し過ぎるサヨナラ負け!18年4月15日ロッテVSソフトバンク

ロッテが初回に先制するもデスパイネと中村の連続ホームランで追いつかれる

鹿児島でのホークスとの今シーズン初対決。正直首位の西武よりも叩いておきたい相手です。

前日の熊本での試合が雨で流れてしまったので、今カードは1試合のみとなってしまったので今日は勝っておきたいところでした。しかも負けたら2位の座をバンクに譲ることになります。

そんな大事な試合でロッテの先発は、前日登板予定だったボルシンガーをスライドさせず酒居が登板。対するソフトバンクの先発は中田。

ロッテは初回にコントロールの定まらない中田から1塁3塁のチャンスを作ると5番鈴木大地が2点タイムリースリーベースで幸先よく先制します。

しかし、ソフトバンクも2回裏にデスパイネ・中村晃が2者連続のホームランで同点に追いつきます。

 

藤岡のプロ初ホームランも飛び出しロッテが3点のリードを奪うも、ソフトバンクの執念の攻撃で再び追いつかれる

4回表に田村のタイムリーで1点を勝ち越し、荻野のピッチャーゴロの間にさらに1点を追加。

さらに7回表には藤岡のプロ入り第1号となるホームランが飛び出し、6-3とリードを3点に広げます。6回裏の時点で8番清田と9番田村が共に猛打賞を記録するなど打線も好調でベンチの雰囲気も良く、この時点でこの日はこのままいけそうな雰囲気が漂っていました。

その裏のロッテの守備ですが、先発酒居が続投します。この回まで酒居が投げ切れるかがポイントかな〜と思っていたところ、先頭の松田にいきなり3塁打を打たれ不安がよぎりましたが、酒居はこの回を1失点で凌ぎ、7回を108球3失点でまとめました。この7回がヤマ場と思っていたので、8回シェッパーズ9回内でこの試合はいけるだろと思いました。しかし、ソフトバンクはそんな簡単な相手ではありませんでした。

8回裏のソフトバンクの攻撃は左の上林・柳田と続く打順のため、松永が登板します。しかし、松永は上林はセカンドゴロに打ち取りますが、柳田にはフォアボールを与えてしまいます。次の4番内川のところでシェッパーズにスイッチしますが、柳田に走られ得点圏にランナーを背負うと、内川にヒットで繋がれ、続く5番デスパイネに2点タイムリーを打たれます。さらに中村晃にもタイムリーを打たれ同点。その後、1アウト満塁になりますが、なんとか後続を断ちました。さっきまでの勝ちムードから一転、試合はわからなくなりました。

 

サファテから劇的な勝ち越しも、柳田にサヨナラツーランを打たれジ・エンド

同点の場面でしたが、9回表はサファテが上がってきました。先頭荻野がヒットで出塁すると、この場面でも藤岡がキッチリとバントで送り、1アウト2塁で3番の中村を迎えます。ここで何と荻野が3盗を成功させます。いくら俊足の荻野とはいえ、ここで走るとは誰も予想してなかったでしょう、井口監督の機動力野球おそるべし。この勢いのまま難攻不落のサファテから中村奨吾が勝ち越し打を放ちます。先頭バッターがしっかり塁に出て、バントと盗塁でチャンスを広げ、クリーンアップがホームに返す、あのサファテからあっさりと点を取るとは、今年のロッテはやっぱり違います。ここまでの展開は最高でした。この劇的な展開の後に、まさかサヨナラ負けするとは。

9回裏は満を辞して内をマウンドに送りますが、先頭の本多にヒットを打たれると上林に送りバントを決められ1アウト2塁。9回表のロッテの攻撃と同じ展開になります。そして、3番柳田にセンターへの豪快なサヨナラホームランを打たれて試合終了となってしまいました。正直柳田には敬遠でよかったと思います。というのも次の打者の4番内川には8回裏に代走高田と交代になっていたからです。さらに5番のデスパも同じく8回裏に代走で城所と交代していました。ギータとは無理に勝負せずに、高田と城所と勝負でよかったんじゃないですかね〜。ちょっと残念な負け方ですが、まだ貯金1で3位です。火曜からのオリックス戦で連勝して貯金を増やしていきましょう。

 

バーチャルキャストでVチューバーデビューしました

話題のバーチャルキャストでこの日の試合のロッテの応戦をしてみました。テスト配信なので、見にくい部分もあるかと思いますが、9回のサファテから勝ち越しを決めるところまでやってます。よかったらチャンネル登録もしてくれると嬉しいです。

 

Pocket