3安打で省エネ勝利!石川完投で中継ぎも温存!ロッテsオリ 18/04/17

3安打で省エネ勝利!石川完投で中継ぎも温存!ロッテsオリ 18/04/17

2018417

千葉ロッテvsオリックスバファローズ

ZOZOマリンスタジアム

ロッテ5-3オリックス

雨が降る中での試合。ロッテの先発は今シーズン既に2勝の石川、対するオリックスは前回ロッテ戦でKOされている金子千尋です。

 

ロッテは初回にあっさり先制を許す嫌な展開

1回表に2番安達にヒットを打たれ、盗塁プラス田村の悪送球で3塁まで進められると、3番吉田の内野ゴロでアッサリ1点を献上してしまいます。なお、エラー絡みでの失点は今シーズン初です。ちなみに今シーズンのロッテのエラー数は12球団最小の2つです(2つともタムですが)。なお、7回にショート藤岡にもエラーがあり失策数は3回となります。

早いところ追いつきたいマリーンズですが、3回裏まで金子相手にノーヒット、出したランナーはフォアボール1個のみと一向に追いつく気配はありません。一方の石川も2回以降もピンチを招くも、あと一本は許さず0-1で試合は中盤まで進みます。

 

なんと2安打で金子をKO!しかし石川もマレーロに2ランを被弾し同点に!

しかし5回裏についにロッテ打線は金子を捉えます。先頭の5番大地がカウントを取りにきた甘いスライダーを逆方向に打ち返しレフト線への二塁打。続く6番菅野が自らも生きようというセーフティーバント、これを金子が処理し送球しますがファーストへカバーに入った大城が後ろへ逸らしエラー。ラッキーな形で同点になります。続く7番福浦さんがフォアボールノーアウト12塁となり、8番清田がバントを成功させ1アウト23塁とします。ここで先ほどエラーをした9番田村が外野を切り裂くスリーベースヒットで3-1金子から勝ち越しに成功します。しかし続く1番荻野2番藤岡は倒れ3塁ランナーは返せません。

すると勝ち越しに成功した直後の6回表、石川がマレーロに2ランを浴びてしまい同点となってしまいます。先ほど3塁ランナーを返せなかったのが痛いですね。

ですが今年のロッテは一味違います。6回の裏、先頭の3番中村が四球で出塁、その後、盗塁に成功し、4番井上もフォアボール。明らかに表情に疲れの色が見える金子でしたが、ここでKOとなります。なんと2安打しか放ってないにも関わらず、金子をマウンドから引きずり降ろします。ここは畳み掛けたいところでしたが、代わったピッチャー吉田一将からノーアウト1塁2塁のチャンスを活かせず、無失点に終わります。この回は去年と一緒で、一味違いませんでしたw

 

ルーキー藤岡の一発で勝ち越し!石川も完投勝利!

その後、石川が粘りのピッチングで7回表を凌ぐと、今日のハイライトが7回裏に訪れます。この回から登板したオリックス近藤から8番清田がフォアボール、9番田村がバントで送り1アウト2塁。1番荻野は倒れ、ここでもチャンスであと一本が出ないのかという雰囲気も漂いますが、しかし(今度こそ)今年のロッテは違います。7回表の守備でエラーをしていた2番打者のルーキー藤岡が大仕事を成し遂げるんです。ロッテファンの待つライトスタンドへ豪快な第二号ホームランでついに勝ち越し。藤岡は開幕当初は楽天則本から猛打賞を打つなど調子良かったですが、ここ最近バッティングが湿ってきていたので、これでまた調子を上げてほしいですね。

守っては結局石川が9回を投げきり、そのまま5-3で勝利。マリーンズは3安打で5得点、一方のオリックスは9安打で3得点と、まさにスモールベースボールを体現したような試合でした (最後は一発でしたが)。石川は今季チームで完投勝利第一号となりました。なお、石川はこれで無傷の3勝目、昨シーズンの勝ち星に並びましたw

この調子で明日も勝ちましょう。

まりほー!

Pocket