マリーンズはまたしてもあと1点が届かず!8点を奪うも守備の乱れで3連敗!

マリーンズはまたしてもあと1点が届かず!8点を奪うも守備の乱れで3連敗!

2018年4月20日
千葉ロッテvsオリックスバファローズ
メットライフ

オリックスに2連敗した3位ロッテと、前の試合で日本ハムから8点差を逆転するミラクルを起こしてた首位西武との対戦。対照的な雰囲気のチームとなりますが、西武の開幕8連勝を止めたのも我らがロッテです。勝ちにいきましょう。
ロッテの先発は前回の登板が雨で流れボルシンガー、西武はエース菊池雄星が先発です。

 

菊池雄星から中村奨吾がホームラン!不調のアジャにも一発!初スタメンの三木もタイムリー!

ロッテは1回表、1番荻野、2番藤岡が倒れますが、3番中村奨吾がレフトスタンドへホームランを放ちます。菊池雄星から価値ある1点をもぎ取りました。

ボルシンガーは2回裏に西武の5番森にヒットを打たれた後、盗塁を許して2アウト2塁のピンチを招きますが、7番中村を三振に仕留めこのピンチを脱っします。

序盤を1-0でリードしたまま試合は中盤戦に突入。すると4回表に最近不調だったアジャ(井上)がソロホームランを放ちます。ロッテらしからぬ一発攻勢で2-0とリードを広げます。

しかし2点差ぐらいじゃ全く安心できないのが今の西武です。4回裏にも4番山川のツーベースと5番森の内野安打で1アウト1塁2塁のピンチを招きます。続く6番外崎にヒット性のライナーを打たれますが、セカンド中村奨吾が横っ飛びでセカンドライナー。飛び出していた2塁ランナーの山川も刺してダブルプレーとなり、この回も0で凌ぎました。奨吾は先制のホームランに続いて守備でもいい仕事をしてくれました。

ピンチを凌いだマリーンズは5回表のツーアウトから8番田村がヒットで出塁すると、今シーズン初スタメンの9番三木がタイムリーツーベースを放ち3-0とさらにリードを広げます。なお、三木は本職は内野ですが、この日はレフトでスタメンでした。二遊間とサード大地は今のところ不動な感じなので、三木とか大河とかは試合に出るためには外野ってことなのでしょう。

 

ロッテ先発のボルシンガーが粘りのピッチングを見せるも、6回についに同点に追いつかれる

しかしボルシンガーも三度目のピンチを迎えます。5回裏にツーアウトから9番金子にフォアボールを与えると、今日2個目の盗塁を決められます(田村の送球も悪かったけど、ボルシンガーのモーションが盗まれてそう)。さらに1番秋山にもフォアボールを与えツーアウト1塁2塁。2番源田の場面で西武ベンチは重盗を仕掛けてきました。ここで2塁ランナー金子の3盗が一度はセーフの判定になりますが、リクエストが成功しスリーアウトチェンジとなります(リプレイ見たら完全にアウトでしたw)。

再三のピンチを凌いできたボルシンガーですが、6回裏もピンチに陥ります。
先頭の2番源田がツーベース、3番浅村がボルシンガーの悪送球で出塁し1点を返され、なおもノーアウト2塁。ここでマリーンズは大谷にピッチャー交代します。大谷は4番山川、5番森を打ち取り2アウトとしますが、6番外崎に痛恨のツーランホームランを浴びてしまいます。これで試合は3-3の振り出しに戻ってしまいました。

 

アジャのタイムリーで勝ち越しを決めるも!痛い守備のミスから大量リードを許す!

ロッテ打線は8回表に田村フォアボール、三木がバントで1アウト2塁、荻野が死球で1塁2塁、藤岡が倒れるも3番中村がフォアボールを選び1アウト満塁。4番井上が勝ち越しの2点タイムリーで5-3。なおも1塁3塁で井上に代わり代走の岡田が盗塁を成功させ2塁3塁。大地がフォアボールを選び満塁としますが、続く清田がライトフライで追加点はならず。

2点のリードを奪ったマリーンズは8回裏はシェッパーズをマウンドに送り出します。シェッパーズは先頭の2番源田をセカンドゴロに抑えるも、続く3番浅村と4番山川に連続でフォアボールを与えてしまいます。ここでピッチャーを左のワンポイントの松永に代えますが、5番森友哉に内野安打を打たれ満塁。さらにマリーンズは継投で益田をマウンドに送ります。益田は次の打者の6番外崎を遊ゴロゲッツーコースに打ち取りますが、セカンド中村が1塁へ悪送球し西武に2点を奪われ5-5の同点となってしまいます。続く7番中村にはフォアボールで出塁され、続く代打の栗山にもタイムリーを打たれ5-6と逆転されます。さらに9番金子の打球を今度はショートの藤岡が悪送球し、さらに1点を追加され5-7。悪い流れを断ち切れません。トドメは1番秋山に走者一掃のタイムリースリーベースで5-9。この回一挙6失点のビッグイニングを作られてしまいました。

 

終盤追い上げるもあと一歩及ばす!開幕以来の借金1!

絶望的な状況となり9回表のマリーンズの攻撃。西武は菊池雄星に代えて抑えの増田をマウンドに上げます。代打福浦さんが倒れ1アウト。続く田村はセンターへのヒットを放ちますが、三木に代えて代打の根元がレフトフライで2アウト1塁。万事休すとなりますが、ここからマリーンズ打線は粘りを見せます。1番荻野がタイムリースリーベースで6-9。2番藤岡に代えて代打の菅野が死球で出塁すると、続く3番中村もフォアボールを選び満塁。続く4番の代走で途中出場の岡田のところで代打平沢大河がセンターへの2点タイムリーを放ち8-9と1点差まで迫ります。2アウト1塁3塁と一打同点の場面で、バッターは5番鈴木大地。大地はサードへのゴロを打ち気迫のヘッドスライディングを見せますがアウトとなりゲームセット。8-9で西武に敗れました。

またしても1点差での敗北。最後の追い上げは評価できますし、8回裏の守備の乱れさえなければという試合でしたが、それでも負けは負けです。これでマリーンズは3連敗、借金1になりました。

そんな中でも可能性を感じたのは最終回の大河のバッティングです。藤岡にショートのポジションを譲っている大河ですが、オープン戦からバッティングは好調です。DHでも外野でもいいので、悪い流れを変えるためにも是非スタメンで使ってみてほしいです。

 

2軍で西野が清宮に2打席連続ホームランを被弾

この日はイースタンリーグでロッテVS日本ハムが行われました。そこで先発した西野が清宮にプロ初ホームランを含む1試合2発のホームランを打たれました。清宮もさすが超高校級のルーキーといったところですが、西野の状態の方が心配です。今日のピッチングを見ると西野はもうちょっと2軍での調整が必要そうですね。なお、打線は細谷と三家がホームラン、ドラ1の安田も2安打と活躍。試合も11-8でマリーンズが逆転勝ちしています。

Pocket