平沢大河のタイムリーで先制するも、またも逆転負けで4連敗

平沢大河のタイムリーで先制するも、またも逆転負けで4連敗

2018421

千葉ロッテvsオリックスバファローズ

メットライフ

 

昨日悔しい逆転負けを喫したマリーンズは酒居が先発。対するライオンズは3連勝中の多和田が先発です。マリーンズは平沢大河が6番で今シーズン初のスタメン出場を果たします。ポジションはなんとライトです。大河は昨日も良いバッティングをしただけに期待したいです。

 

大河のスリーベースでロッテが3点を先制

一回はお互いが三者凡退でスタート。

酒居は2回裏に四球とボークで2塁までランナーを進められますが、栗山を遊ゴロに抑えて無失点でしのぎます。

ロッテは3回表に7番福浦さんが通算1972本目のヒットを放ちます。続く8番田村がバントを失敗しますが、盗塁を成功させすぐにミスを取り返し2アウト2塁となりますが、1番荻野がキャッチャーファールフライでスリーアウトとなり得点は奪えませんでした。

しかし、ロッテは4回表に3番中村と4番井上の連打で1塁2塁とすると、5番鈴木大地がフォアボールを選び、1アウト満塁のチャンスを作ると、この日ライトでスタメンの6番平沢がスタメン起用に応える走者一掃のタイムリースリーベースを放ち3-0と先制します。なおも1アウト3塁のチャンスでしたが、続く福浦さんと田村が倒れ追加点はなりませんでした。3点を先制したのは素晴らしいのですが、上位を狙っていくのであれば、こういう場面でさらに追加点を奪えるかどうかは非常に重要になってきます。この回あと1点でも取っていれば、その後の試合の流れもまた変わったものになっていたはずです(知らんけどw)。

 

西武はすぐさま逆転!2桁安打を打たれ連日の9失点!完膚なきまでに叩きのめされる!

マリーンズが先制した直後の4回裏。酒居は先頭の2番源田を打ち取りますが、続く3番浅村にヒットを打たれると、4番山川と5番森に連続でフォアボールを与え満塁のピンチを招きます。続く6番外崎にはセンターへ犠牲フライを打たれ3-1とされると、続く7番栗山に痛恨のスリーランホームランを浴びて3-4と逆転されてしまいます。味方が点を取ってくれた直後に即逆転。西武打線の破壊力もさることながら、酒居と田村のバッテリーにはもう少し踏ん張って欲しいところでした。

さらに酒居は5回裏にも浅村にツーランを打たれると、山川にも2者連続となるソローホームランを叩き込まれスコアを3-7とされます。今日の酒居は4回2/3を投げて88球、被安打5、被本塁打3、与四球3、7失点という内容でした。防御率も6.35まで悪化してきました。なお、ノックアウトされた酒居の後を受けた南は6回終了まで1回1/3を無失点に抑えます(南は今シーズン未だ無失点です)。

しかし7回裏から登板した有吉が、浅村と山川にタイムリーを浴びて3-9となってしまいます。有吉は今シーズン9試合を投げ防御率7.2で、状態もかなり悪く見えます。

攻撃面では8回表は先頭の3番中村がツーベースで出塁しますが、後が続かず無得点。9回表も西武小石に対して2塁までランナーを進めますが、無得点に終わりゲームセット。

西武の攻撃力と勢いの前に前日に続いて逆転負けを喫したマリーンズ。これで今シーズン初の4連敗となってしまいました。このままズルズルと連敗だけは避けたいところですね。特に投手陣が連日大量失点をしているので、明日先発の二木には頑張って欲しいところです。明日こそライオンズに一矢報いてやりましょう。

 

123456789R
マリーンズ
0
0
0
3
0
0
0
0
0
3
ライオンズ
0
0
0
4
3
0
2
0
X
9

勝ち:多和田(4勝0敗)

負け:酒居(1勝1敗)

Pocket