ロッテが延長戦を制し連敗STOP!猛打賞と好守で活躍の藤岡はやっぱり並みのルーキーじゃない!

ロッテが延長戦を制し連敗STOP!猛打賞と好守で活躍の藤岡はやっぱり並みのルーキーじゃない!

2018年4月25日
千葉ロッテvs楽天イーグルス
楽天生命パーク

5連敗中のロッテの先発はここまで3戦全勝、防御率トップの石川。対する楽天は岸。投手戦を予感させます。マリーンズはこの日石川で勝てないと大型連敗になってしまいそうな雰囲気もありありなので、何としても石川で最下位の楽天に勝ちたいところです。打順の方は打撃好調の大河がライト2番でスタメンですので、注目したいところです。

 

序盤から投手戦の予想を覆す点の奪い合いで3-3の同点

1回表、荻野、大河が倒れて3番中村奨吾が内野安打で出塁し、初球から走りますがアウト。失敗はしましたが積極的な姿勢はいいです。失敗を恐れずドンドン行って欲しいですね。

1回裏。石川は1番岡島をサードフライに打ち取った後、2番茂木は内野安打で出塁を許すと、3番ウィーラーにも連打を浴び、4番アマダーには四球で満塁。初回から大ピンチを作ると、続く5番銀次にセンター前への2点適時打を打たれ0-2と先制されます。続く6番藤田にもショートへライナー性の打球を打たれますが、ここはショート藤岡がジャンプ一番見事に捕球するファインプレー。続く7番フェルナンドも投ゴロに打ち取り2失点で凌ぎます。

2回表。ロッテは岸に手も足も出ず、4番井上はあっさり見逃し三振。岸と相性のいい5番大地もファーストゴロ、6番清田も見逃し三振でサクッと片付けられます。

2回裏。石川は2アウトから1番岡島にツーベースを打たれますが、2番茂木をレフトフライに抑え無失点。

3回表。7番福浦さんが掬い上げるバッティングでセンターへ飛球を放ちます。センター島井が左中間寄りに守っていたこともあり、あわよくばヒットという当たりでしたが、島井にランニングキャッチされヒットを積み上げることはできませんでした。しかし続く打撃好調の8番田村がツーベースを放ち反撃の狼煙をあげると、この日9番の藤岡がライト線へのタイムリーツーベースを打ち1-2とします。さらに1番荻野がレフトスタンドへ2ランホームランを放ち3-2と逆転します。しかし続く平沢と中村は連続三振でスリーアウト。ホームランを打たれ逆転された後ですが、後続をきっちり打ち取る岸もさすがです。

3回裏。逆転してもらった石川ですが、1アウトからアマダーにホームランを打たれ3-3の同点となってしまいます。なおも、銀次と藤田に連打を浴び1アウト1塁2塁となりますが、7番フェルナンドを三振、8番嶋を二ゴロに抑えて勝ち越しは許しません。しかしながら石川はこの時点で球数は71球、スコアは同点でありますが、岸に比べてかなり苦しい投球です。

 

中盤は両先発が粘りのピッチングでこう着状態

4回表のロッテの攻撃。4番井上が倒れた後、大地がフォアボールで出塁すると、続く清田の打席で、ピッチャーがモーションに入る前から走り出す超積極的な盗塁を披露し2塁まで進みます。ギャンブル性の高いスタートでしたが、絶対に牽制は無いとの確信があったからこそのスタートだったのでしょう。しかし、清田は一度もバットを振らずに2打席連続の見逃し三振。続く7番福浦さんもレフトフライに倒れ、このチャンスでは得点を奪えませんでした。

4回裏は石川が楽天打線を三者凡退に抑えます。

5回表のロッテの攻撃は、先頭の8番田村が惜しいライトフライに倒れますが、9番藤岡がマルチヒットとなるセンター前ヒットで出塁します。しかしその後が続きません。

5回裏の石川は2アウトから銀次にヒットを打たれますが、続く藤田をショートライナーに抑え無失点。

6回表もマリーンズは1アウトから4番井上がヒットで出塁しますが、大地がゲッツーに倒れチャンスを広げられません。

6回裏も石川はランナーを出しますが、2塁は踏ませないピッチングでスリーアウトを奪います。石川は結局6回を投げ抜き9本のヒットを打たれますが、119球、四球1、3失点でまとめました。石川は開幕から3連勝で、この日も良いピッチングをして勝てれば月間MVPも有り得ましたが、残念ながら勝ち星は付かなかったため、受賞は遠のいてしまいましたね。

 

今日も福浦さんはヒットを積み上げる!松井裕樹を攻めるもあと一本が出ず延長に突入!

7回表。6番清田がセンターフライ。7番福浦さんが1974本目のヒット。代走根元に代わって、続く8番田村のところでエンドランを仕掛けますが、運が悪いのか田村のバットコントロールが悪いのか、田村の打球はちょうど2塁ベースに寄ったショートのところへ飛び、ゲッツーとなってしまいました。岸はこの回で降板し115球、被安打7、1四球、3失点。

7回裏は「海坊主」大谷が登板。コントロールに苦しみフォアボールのランナー1人を出しますが、無失点で切り抜けます。

8回表、代わった楽天ピッチャーのハーマンの前に三者凡退。1アウトから荻野が見逃せばフォアボールになるというボール球を振って凡退したのが勿体なかったです。

8回裏。同点の大事な場面でマリーンズはマウンドにシェッパーズを送り出します。一抹の不安がよぎりましたが、藤岡のファインプレーもあり三者凡退に切ります。

9回表。楽天は松井裕樹がマウンドに上がります。中村と井上が倒れ2アウトとなりますが、続く大地と清田が連続でフォアボールを選び1塁2塁。一打勝ち越しのチャンスとなります。しかし途中出場の根元はレフトフライに倒れました。

9回裏。マリーンズもストッパーの内がマウンドへ。きっちりと三者凡退に仕留めます。

 

10回表に打線が爆発!ロッテが連敗を5で止める貴重な勝利!

10回表は楽天は福山が登板。先頭の8番田村が遊ゴロに倒れますが、続く9番藤岡が猛打賞となるレフトへのツーベース。そして、1番荻野貴司が三遊間を破るレフトへのタイムリーヒットがついにロッテが勝ち越します。さらに1アウト1塁の場面で、大河に代わり守備固めで途中出場していた岡田がバントを決め2アウト2塁とします。続く3番中村は申告敬遠で4番井上との勝負を選択します。ここで井上の打球は一二塁間を破りライトへ、外野は前進守備でしたが、2塁ランナー荻野は俊足を飛ばしホームへ生還します。これで5-3。続く5番大地は四球で満塁とします。次は今日ヒットのない6番清田ですが、2点タイムリーを放ち7-3。ここで福山は降板、試合も勝負あったという感じです。最後のこの日1軍に昇格した大嶺翔太がセンターフライで長い攻撃が終了しました。

10回裏は4点差ありながら何と内が回跨ぎで続投(残機だいじょうぶかい)。2アウトから銀次にこの日4安打目となるヒットは打たれましたが、最後は藤田をショートゴロに打ち取りゲームセット。久しぶりのまりほーーーーー!!!!

 

藤岡が攻守に大活躍!やっぱり並みのルーキーじゃない!

ヒロインは2ランと決勝タイムリーの荻野でしたが、今日は何と言っても藤岡でしょう。タイムリーを含む猛打賞の打撃もさることながら、守備でも複数回ファインプレーを見せてくれました。西武戦ではエラーもありましたが、やっぱり藤岡の守備は絶品です。今日の猛打賞でバッティングの方も復調してくれると嬉しいですね。

打撃好調の8番田村と1番荻野に挟まれていた9番藤岡が打ってくれたので打線が繋がりました。やっぱりロッテは一発が無い以上、打線の繋がりと足で点を取れるかどうかがポイントですね(あと守備のミスが無いこと)。

この流れで明日も涌井できっちり勝ちたいですね。

12345678910R
マリーンズ
0
0
3
0
0
0
0
0
0
4
7
イーグルス
2
0
1
0
0
0
0
0
0
0
3

勝ち:内(1勝1敗2S)

負け:福山(1勝1敗)

 

youtubeチャンネルで千葉ロッテの動画もアップしてます。

良かったらチャンネル登録お願いします。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

Pocket