投げては唐川が3被弾!打っては後一本が出ず!マリーンズの連勝は2でストップ!

投げては唐川が3被弾!打っては後一本が出ず!マリーンズの連勝は2でストップ!

20184月28

千葉ロッテマリーンズvs北海道日本ハムファイターズ

ZOZOマリンスタジアム 

 

2連勝中のマリーンズと4連勝中のファイターズの対決。マリーンズは怒涛の9連戦の頭という事もあり、是非獲っておきたい試合です。千葉ロッテは今季2試合目の登板となる唐川が先発、日本ハムは有原が先発です。

 

日ハム大田が二打席連発!序盤はコロコロと主導権が入れ替わる展開!

1回表。唐川は立ち上がりから失点します。1番西川をセンターフライに打ち取るも、このところ打撃好調の2番大田にソロホームランを浴びて先制を許します。唐川はその後立て直し3番近藤と4番中田は抑えますが、初回から手痛い一発を浴びてしまいました。

しかし1回裏、マリーンズはすぐさま反撃を見せてくれます。1番荻野が1ゴロの後、打撃不振から抜け出しつつある2番藤岡がライトへヒット、3番中村奨吾もセンターへヒットで続き12塁とすると、4番井上がセンター前へタイムリーヒットを打ち1-1の同点。なおも13塁のチャンスですが、続く5番鈴木大地は三振、6番清田がセカンドゴロで逆転のチャンスをモノに出来ませんでした。

2回表。唐川はフォアボールのランナーは出しますが、4人で攻撃を終わらせます。

2回裏。2アウトから、9番平沢大河が四球、1番荻野が死球で12塁とすると、藤岡のマルチヒットとなるタイムリーで2-1と逆転します。なおも2アウト23塁のチャンスですが、続く3番中村が倒れ追加点は奪えません。この回で逆転はしたものの、12回とチャンスを作りながら1点ずつしか取れなかった事が、敗戦に繋がってしまいます。

3回表。唐川は1アウトから西川にヒットを打たれ、前の打席ホームランを打たれている大田を迎えます。唐川はカウント2-2と追い込みますが、今度は逆転となるツーランホームランを打たれスコアは2-3となります。続く3番近藤は三振、4番中田はセンターフライに打ち取りました。

3回裏。この回からレフトの近藤に代えて杉谷が守備につきます。どうやら近藤は足に違和感を感じて下がったようです。日ハムにとっては手痛い離脱となります。ロッテは先頭の4番井上がヒットで出塁しますが、5番大地がダブルプレー。続く清田もショートゴロに倒れ3アウトチェンジとなります。

 

唐川はアリシアにも被弾!マリーンズはチャンスにあと一本が出ず!

4回表も唐川はレアードにヒットを打たれますが後続は断ち4人で攻撃を切ります。

4回裏のロッテの攻撃は、7番福浦さんが三振。8番田村がショートゴロ。9番平沢がショートフライで三者凡退。

5回表。2アウト後、2打席連続ホームランを打たれている大田を迎えますが、ここは唐川が空振り三振に抑えます。唐川はようやくこの試合始めて三者凡退に打ち取ります。

5回裏。1番荻野貴司が内野安打で出塁すると、2番藤岡がキッチリとバントで送り1アウト2塁(藤岡はリーグ2位の7犠打)。前の打席でチャンスで凡退した3番中村はまたしてもタイムリーとはなりませんでしたが、内野ゴロの間にランナーは進み2アウト3塁。4番井上はファールで粘りましたが最後はセカンドゴロ。マリーンズはチャンスで凡退が続き1点が遠く、なかなか追いつけません。

6回表。唐川は簡単に2アウトを取りますが、5番アルシアにこの試合3発目となるソロホームランを打たれます。これでスコアは2-4とリードを2点に広げられます。

6回裏。5番大地が二ゴロ。6番清田と7番福浦は外野フライで三者凡退。

 

マリーンズは終盤にもダメ押し点を奪われファイターズに逃げ切られる!連勝は2でストップ!

7回表。この回から唐川に代わり田中靖がマウンドへ。しかし、先頭の7番石井にヒットを打たれると、8番清水にバントを決められ1アウト2塁。続く9番中島にもセンターへヒットを打たれ、13塁とピンチを招きます。さらに中島には盗塁を許し、23塁。続く西川のファーストゴロで3塁ランナーの石井がホームに突っ込みますが、ここはアウト。続く今日当たっている要注意バッターの大田を迎えますがセカンドゴロに打ち取り、この回は何とか無失点で凌ぎました。終盤の追い上げに望みを繋ぎます。

8回表。この回は南がマウンドに立ちます。先頭の途中出場の杉谷にヒットを打たれますが、続く4番中田をダブルプレーに打ち取ります。しかしせっかくゲッツーを取ったのにこの日の南はピリッとしません。続く5番アリシアにヒットを打たれると、6番レアードには四球を与え12塁としてしまうと、7番石井に痛恨のタイムリーを浴び2-5。さらに12塁とピンチは続き、次の8番清水の打席で田村がファールフライを落球し、悪い雰囲気になりますが、ここは南が踏ん張り清水をライトフライでスリーアウトチェンジ。

しかしマリーンズ打線は8回を石川直、9回をトンキンに抑えられ、反撃のチャンスすら作れずに結局2-5で試合終了となります。

3被弾した唐川・田村のバッテリーにも課題がありますが、「あと一本が出ない病」が発症した打線が点を取れなかったことの方が問題でしょう。特に大地はちょっとコンディションが悪いように思われるので打順を下位に置いて楽な気持ちで打たせた方がいいかもしれません。

 

123456789R
ファイターズ
1
0
2
0
0
1
0
1
0
5
マリーンズ
1
1
0
0
0
0
0
0
0
2

勝ち:有原(2勝1敗)

セーブ:トンキン(1勝0敗5S)

負け:唐川(0勝2敗)

 

youtubeチャンネルで千葉ロッテの動画もアップしてます。

良かったらチャンネル登録お願いします。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

Pocket