大嶺翔太の4安打とルーキー藤岡が躍動!中継ぎ陣も踏ん張りマリーンズ勝利!

大嶺翔太の4安打とルーキー藤岡が躍動!中継ぎ陣も踏ん張りマリーンズ勝利!

2018429

千葉ロッテvs北海道日本ハムファイターズ

ZOZOマリンスタジアム

 

昨日は悔しい敗北を喫したマリーンズ。この日は井口監督がスタメンを大きく変えてきました。打撃不振の鈴木大地を7番へ下げ、5番に清田、6番に打撃好調の田村。さらにレフトで8番に三木亮、9番にDHで大嶺翔太をスタメンで起用します。

 

ロッテはチャンスで最小得点しか奪えず、序盤は日ハムに3点のリードを許す苦しい展開!

1回表。酒居は1番杉谷、2番大田を連続三振に仕留めますが、3番西川に四球を許すと4番中田翔にタイムリーツーベースを浴び、マリーンズは今日も初回から先制されます。さらにアリシアにもヒットを許し2点目を奪われます。

1回裏。先制を許したマリーンズは1番荻野がツーベースを放つと、2番藤岡もヒットで続き13塁とすると、3番中村奨吾のセンターへ適時打で1点を返します。なおもノーアウト12塁と追加点のチャンスですが、4番井上、5番清田、6番田村が倒れ追加点はならず。昨日に引き続き最小得点しか奪えません。

2回表。酒居はまたもやピンチを招き、大田にタイムリーを打たれ1-3とリードを広げられます。

2回裏。簡単に2アウトを取られますが、9番大嶺がレフトへのヒットで出塁すると、盗塁を成功させ、さらにピッチャー加藤の暴投で2塁から一気にホームに生還し2-31点差に詰め寄ります。この回はヒットは1本のみでしたが、積極的に足を使って

しかし、酒居は今日もピリッとしません。3回表に1アウトから5番アルシアに四球を与えると、続く6番レアードに特大のツーランホームランを被弾し2-53点差になります。酒居はこの回でマウンドを下ります。

 

初スタメンの大嶺翔太が猛打賞!6回にロッテが逆転!!!

4回裏。先頭の5番清田がツーベースで出塁すると、6番田村のセカンドゴロの間に3塁に進みます。7番大地がフォアボールを選び、8番三木のファーストゴロを中田がホームへ送球し一度はタッチアウトの判定が下りますが、コリジョンルールが適用され得点が認められます(記録は中田の野選)。これでで3-52点差になります。さらに続く9番大嶺翔太がマルチヒットとなるショートへ内野安打を放ち満塁とすると、続く1番荻野がセンターへ犠牲フライを放ち4-5。しかし続く2番藤岡はピッチャーゴロに倒れ、あと1点が届きません。

5回表の日本ハムの攻撃。4回から登板しているロッテの有吉が2アウト12塁のピンチを招きますが、7番石井を空振り三振に切り、追加点は許しません。有吉もここ最近は状態があまり良くありませんでしたが、今日は2回を無失点で投げ切りました。

5回裏にはロッテも井上の二塁打等で2アウト3塁のチャンスを作りますが、6番田村が倒れ、ここでも追いつけません。

6回表は有吉に代わりに田中靖が登板。8番清水、9番中島、1番杉谷を三者凡退に抑えます。

6回裏。マリーンズは7番大地と8番三木が倒れ2アウトになりますが、ここから打線が繋がります。9番大嶺が猛打賞となるレフトへの安打。ここで日本ハムはピッチャーを西村にスイッチしますが、1番荻野もヒットで続き12塁とすると、先ほどチャンスで凡退している2番藤岡が2点タイムリースリーベースを放ち6-5とついに逆転します。さらに次の3番中村が死球、4番井上が四球で満塁としますが、清田が代わったピッチャー玉井の前にセカンドライナーに倒れビッグイニングとはなりません。

 

藤岡が値千金の決勝タイムリースリーベース!中継ぎ陣も踏ん張りマリーンズが1点差ゲームをモノにする!

7回表。ロッテは”海坊主”大谷をマウンドに送ります。その大谷は先頭の2番大田にツーベース、3番西川にレフト前ヒットを打たれ、13塁とすると、続く4番中田翔には四球を与えノーアウト満塁としてしまいます。絶体絶命のピンチですが、ここから”海坊主”が躍動します。5番アリシアにセカンドゴロを打たせホームフォースアウト。続くレアードにはボール球を降らせ空振り三振。さらに代打の田中賢介をファーストゴロに仕留め、自ら作った大ピンチを無失点で切り抜けます。

8回表。不安定なピッチングが続くセットアッパーのシェッパーズを、井口監督は大事な場面でマウンドに送り出します。きっちり3人で終わらせて欲しいシェッパーズですが、いきなり先頭の代打鶴岡にヒットを打たれます。続く9番中島にバントを決められ得点圏までランナーを進められますが、1番杉谷をセカンドゴロ、2番大田には大きなフライを打たれますが、フェンス手前でライト清田が捕球しピンチを凌ぎました。

8回裏もマリーンズはチャンスを作ります。この回からマウンドに上がった日ハム浦野に対して、先頭の9番大嶺がこの日4安打目となるヒットを放ちますが、荻野がバントを失敗し1アウト1塁。続く藤岡が進塁打となるピッチャーゴロをを打ち2アウト2塁。続く中村は申告敬遠で12塁。すると続く井上の打席で、荻野と中村がダブルスチールに成功します。このスチールはピッチャーがモーションに入る前からスタートを切る、超積極的な攻めの盗塁でした。けっきょく井上も四球で満塁になると、続く清田に代打福浦さん。球場のボルテージは最高潮に達しますが、福浦さんは惜しくもレフトフライに倒れ、追加点と2000本安打へのカウントダウン共になりませんでした。

9回表はストッパーの内が登板し、日ハムのクリーンナップを危なげなく三者凡退に料理しゲームセット。昨日の雪辱を晴らす勝利となりました。

 

酒居は先発ローテで回すのは厳しい!攻撃陣はチャンスで後一本が欲しいところ!

先発の酒居はまたしても5失点と試合を作れませんでした。酒居は防御率も7.36まで落ち込んでいるので、次回先発は飛ばして一旦2軍で調整した方がいいですね。4回以降、後を引き継いだ中継ぎ陣(有吉、田中、シェッパーズ、内)はピンチこそ作りましたが0点に抑えてくれました。

一方の攻撃陣は11安打6得点と数字上は悪くはないですが、大量得点のチャンスで後一本が出ないという所は前日と同じでした。チャンスであと一本が打てていればもっと楽に勝てたはずです(この辺が首位を走る西武との違いでしょう)。しかしながら、今日も足を積極的に使った野球は健在で、特に8回のダブルスチールは得点にこそ繋がりませんでしたが圧巻でした。さらに翔太の4安打と、一時期の打撃不振を脱したと言える藤岡の活躍はとても良かったです。この勢いで明日も勝ってこのカードの勝ち越しを決めましょう!

 

123456789R
ファイターズ
2
1
2
0
0
0
0
0
0
5
マリーンズ
1
1
0
2
0
2
0
0
×
6

勝ち:田中(1勝0敗)

セーブ:内(1勝1敗3S)

負け:唐川(1勝1敗0S)

 

youtubeチャンネルで千葉ロッテの動画もアップしてます。

良かったらチャンネル登録お願いします。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

Pocket