二木の好投と打線も繋がりマリーンズが快勝!2連勝で日本ハムに勝ち越し!

二木の好投と打線も繋がりマリーンズが快勝!2連勝で日本ハムに勝ち越し!

2018430

千葉ロッテvs北海道日本ハムファイターズ

ZOZOマリンスタジアム

今日は月に1度のマリンフェスタ。今年は波とカモメをモチーフにした鮮やかなブルーの独創的なユニフォームです。11敗で迎えた日本ハムとの3連戦、勝ち越しを賭けてマリーンズの先発は二木、日本ハムの先発はロドリゲスです。

 

マリーンズがルーキー菅野の嬉しいタイムリーで2点先制!

1回表。1番杉谷を3球三振に仕留めると、2番大田をファーストファールフライ。3番西川にフォアボールを出しますが、4番中田も一塁ファールフライに打ち取り、無難に立ち上がります。

1回裏。先頭荻野、2番藤岡が倒れますが、3番中村が四球で出塁。中村はすかさず盗塁を仕掛け、キャッチー鶴岡のセカンドへの送球も少し逸れますが、セカンドタッチアウトとなりスリーアウトチェンジ。

2回表。5番アルシアの三塁側フェンス手前のファールグラウンドへのフライを、鈴木大地が背走しながらスライディングキャッチするファインプレーで1アウト。6番レアードと7番石井も打ち取り三者凡退。

2回裏。4番井上が空振り三振。5番清田はボール球に手を出しショートゴロで簡単に2アウト。しかし、マリーンズはここから猛攻を仕掛けます。6番田村がフォアボールで出塁すると、ロドリゲスのモーションを完全に盗んで、抜群のスタートを切ります。ロドリゲスは投球動作を途中で止めボークとなり、田村は2塁へ。その後、ロドリゲスは7番大地に死球を与え、12塁となります。続く前日4安打の8番大嶺翔太が5打席連続ヒットなるライト前へのヒット。ライト大田が強肩ということもあり、サードコーチャーの大塚コーチが2塁ランナーの田村を3塁でストップし満塁とします。ここであと一本を打てないのがいつものマリーンズ打線。しかしながらこの日は9番菅野がロドリゲスの初球を叩きショートの頭上を越える2点タイムリーヒットを放ち、菅野自身にとってもロッテファンにとっても嬉しい嬉しい得点を挙げます。さらに1番荻野が四球を選び再び満塁にしますが、2番藤岡はノースリーからロドリゲスに粘られ空振り三振を喫します。ロドリゲスが乱調だっただけに、あともう一押しが欲しかったところです。

3回表。先制してもらった二木ですが、先頭の8番鶴岡にレフト前ヒットを打たれると、9番中島にはフォアボールを与え、下位打線からノーアウト12塁のピンチを招いてしまいます。続く1番杉谷への1球目、飛び出したセカンドランナー鶴岡をみてキャッチャー田村は2塁に送球、しかし鶴岡は帰塁せずに3塁へ、これがタッチプレーでセーフとなり13塁とピンチを広げてしまいます。すると杉谷はレフトを犠牲フライを放ち、これでスコアは2-1。マリーンズはもったいない形で1点を返されます。しかし二木は続く大田を内野フライ、西川をフルカウントから空振り三振に抑えます。

3回裏。3番中村がセンターフライ、井上がライトフライ。清田はライトへヒットを打ちますが、続く田村がファーストゴロに倒れ無得点。

 

再び満塁のチャンスで中村奨吾がタイムリー!

4回表。4番中田にあわやホームランという打球を打たれますが、高く上がった打球はマリンの7mの逆風に戻されレフトフライ。5番アルシアを低めのカーブで空振り三振。6番レアードはサードへ強烈な打球を放ちますが、サード大地が上手くグラブに納めサードゴロ。

4回裏。7番大地がライト前へ久々のヒットを放ちます。日ハム先発のロドリゲスは続く大嶺翔太に四球を与えたところで降板となりました。ロドリゲスは3回を66球、2失点、四死球5という成績でした。

ノーアウト12塁で日ハム2番手は玉井、対するマリーンズの打者は9番菅野。菅野は追い込まれながらもスリーバントを成功させ、1アウト23塁とランナーを進めます。しかし続く1番荻野は見逃し三振。ですが2番藤岡がフォアボールを選び満塁とします。3番中村がアウトコースのボールをライトに流す2点タイムリーヒットで4-1とします。1塁ランナー藤岡がサードでアウトになりチェンジとなりますが、満塁のチャンスできっちり追加点を奪いました。

5回表。追加点をもらった直後の二木は、先頭の石井を三球三振。続く鶴岡と中島も打ち取りあっという間に三者凡退に抑えます。

5回裏。ファイターズはピッチャーを公文にスイッチ。4番井上が倒れた後、5番清田がマルチヒットなるレフト前ヒット。続く6番田村にところでエンドランをかけ田村はゴロを打ちますが、ショート中島はセカンドへカバーに入っていなかった為、真正面で捕球し田村はショートゴロ。しかし清田は2塁に進みます。しかし続く大地がレフトフライに倒れこの回は追加点はなりませんでした。

6回表。1番から始まる好打順ですが、二木はここも三者凡退に抑えます。

6回裏。先頭は6打席連続出塁中の8番大嶺翔太ですが、8球目粘りましたがここは空振り三振。続く9番菅野、1番荻野も倒れマリーンズも三者凡退。ファイターズ公文に2回を無失点に抑えられます。

 

二木が7回途中2失点の快投!中継ぎ陣も0で抑えマリーンズは2連勝&勝ち越し!

7回表。先頭の4番中田翔に三塁線を破られる二塁打を打たれます。アルシアはセンターフライに打ち取るも、レアードにタイムリーを打たれ4-2。続く7番石井のところで代打田中賢介。賢介をショートフライに打ち取ったところで、なんと二木が交代。まだ85球でしたが、大谷にスイッチします。大谷は鶴岡をきっちり打ち取りスリーアウト。

7回裏。ファイターズは公文に代えて西村をマウンドへ。マリーンズは2アウトから井上がフォアボールで出塁しますが、4人で攻撃を終わります。

8回表。井口監督はシェッパーズをマウンドに上げます。9番中島を遊ゴロ、1番杉谷をストレートで見逃し三振、2番大田は変化球で見逃し三振と完璧な内容で三者凡退に抑えます。

8回裏。ファイターズのピッチャーは浦野に代わります。先頭の6番田村がライト前ヒットを放つと、7番大地が1球でバントを決め得点圏へランナーを進めると、8番大嶺にところで代打福浦さん。満員のZOZOマリンの観衆が沸き立ちます。しかし福浦さんは空振り三振。続く菅野のヒット性の打球もセンター西川にダイビングキャッチされスリーアウトチャンジ。この回もダメ押し点は奪えません。

9回表。マリーンズは守護神の内をマウンドへ送ります。先頭の3番西川はファーストゴロに打ち取りますが、4番中田にはヒットを打たれます。アルシアはスライダーで空振り三振。しかし続く6番レアードにもヒットを許し2アウト12塁。途中出場の田中賢介を迎えます。フルカウントと粘られますが、空振り三振に斬りゲームセット。4-2でマリーンズが2連勝となりました。

 

二木がナイスピッチングで2勝目!中継ぎ陣は好投が続くも疲労が心配!

二木はストレートが球速表示こそ130キロ代後半でしたが、球速以上にキレがあり、日本ハムの早打ちにも助けられ62/32失点と好投しました。中継ぎ陣も前日に引き続き無失点で先日の西武3連戦で大崩れした投手陣が安定感を取り戻しつつあります。

打っては2度の満塁のチャンスでしっかり点を獲れたことと、不振だった菅野にタイムリーが飛び出したこと、さらに同じく不振だった大地にもヒットが生まれた点は良かったです。

一方で中継ぎ陣の疲労が気になるところです。これまでのロッテリリーフ陣の登板試合数はシェッパーズが12試合、有吉11試合、内10試合、南と益田が9試合、松永8試合です。9連戦中ということもあり、できれば先発に長いイニングを投げて欲しいところですね。ですので、85球という早いタイミングで二木を代えた采配は少し疑問が残るところでした。

しかしながら、これでマリーンズは5割復帰。4月は4位で終えましたが、2位までは1.5ゲーム差と接戦です。そして明日からは3位のソフトバンク戦です。初戦を石川で取って3位浮上&3連勝といきたいところですね。

 

123456789R
ファイターズ
0
0
1
0
0
0
1
0
0
2
マリーンズ
0
2
0
2
0
0
0
0
×
4

勝ち:二木(2勝2敗)

セーブ:内(1勝1敗4S)

負け:ロドリゲス(0勝2敗)

 

youtubeチャンネルで千葉ロッテの動画もアップしてます。

良かったらチャンネル登録お願いします。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

Pocket