マリーンズが13年振りの富山での主催試合もオリックスに完敗!

マリーンズが13年振りの富山での主催試合もオリックスに完敗!

2018515

千葉ロッテvsオリックスバファローズ

富山アルペンスタジアム

 

富山でのホームゲーム。マリーンズの先発は富山出身の石川。対するオリックスはアルバースが先発です。

 

ロッテ石川歩がご当地登板で5失点!リクエストで判定が覆り点差は開くばかり!

石川は2回まではナイスピッチングでしたが、3回から突如球が浮き始めます。3回表、先頭バッターの8番大城に初球をセンター前ヒットとされると9番若月に送られ2塁にランナーを背負うと、1番宗にタイムリーを打たれ先制されます。

さらに4回には甘いボールをT岡田にスタンドに運ばれ0-2とされます。

オリックス先発のアルバースを打ちあぐねていたロッテ打線でしたが、4回に1アウトから2番藤岡がチーム初ヒットとなるスリーベースでチャンスを作ります。続く3番中村のセカンドへのゴロで3塁ランナーの藤岡はホームへ。中間守備のオリックスのセカンド大城がバックホームしますが、藤岡の足が勝りセーフの判定。しかしこれがリクエストでアウトに覆ってしまいました。非常に際どかったんですが、スローで見たらセーフに見えたんですけどね。その後、富山出身の4番角中が技ありのツーベースを放ち、2アウト23塁と一打同点のチャンスをお膳立てしますが、続く「打点乞食」井上がファーストゴロに倒れ結局この回は無得点。

石川は6回にも2アウト2塁のピンチを招きます。ここでマリーンズベンチは前の打席にホームランを打たれているT岡田に申告敬遠を選択します。これが結局悪手となり、石川はその後連打を浴び3点を追加され0-5。弱気な采配により追加点を奪われてしまいました。石川はこの回でマウンドを降ります。

マリーンズは6回裏に荻野の盗塁と藤岡のマルチヒットとなるツーベースで1点こそ返しますが、反撃は最少得点にとどまります。

 

山路主審のトンデモ判定で反撃ムードも盛り上がらず!マリーンズは大敗!

7回裏は先頭打者の角中が完全なボール球をストライク判定され見逃し三振となり、リズムを作れずに三者凡退。なおこの日の主審は数々の誤審で有名な山路哲夫です。

8回表にはリリーフのチェンが2点を失い1-7。バファローズにリードを広げられます。

8回裏も先頭の鈴木大地が際どいボール球をストライク判定され見逃し三振とされます。チェンの時は同じようなところがボールだったのに…。で、反撃の雰囲気も盛り上がらず、この回も大河の犠牲フライで1点止まり。

 

海賊打線とは何だったのか!

海賊打線と言われたのも結局西武戦の2試合のみで、元の打てない打線に戻ってしまったマリーンズ。中村の連続試合安打も18試合でストップしてしまいましたし、福浦さんも15打席ヒット無し。ピッチャー陣だと先発の石川は開幕3連勝の後は4試合勝ち星無しです。おまけに今日の敗北でオリックスに抜かれ5位に転落してしまいました。

良いところは藤岡がマルチヒットで打率も.256まで上昇してきた事ぐらいでしょうか。逆についこないだまで打率10傑に名を連ねていた荻野は打率が.250まで低下し、藤岡に逆転されてしまっています。

審判のせいで負けたとは言えない点差ですが、反撃の芽が山路主審の誤審によって潰されたのは確かです。ストライクとボールの判定も出来ないような審判を使うのは止めて頂きたいものです。非常に後味の悪い試合になりましたが、明日の移動日を挟んで心機一転ZOZOマリンでの4連戦で連勝してもらいたいですね。

 

123456789R
バファローズ
0
0
1
1
0
3
0
2
0
7
マリーンズ
0
0
0
0
0
1
0
1
0
2

勝ち:アルバース(5勝1敗)

負け:石川(3勝3敗)

 

youtubeチャンネルで千葉ロッテの動画もアップしてます。

良かったらチャンネル登録お願いします。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

Pocket