ルーキー渡邊がプロ初登板!マリーンズは終盤に追いつくも内が大誤算で3連敗!

ルーキー渡邊がプロ初登板!マリーンズは終盤に追いつくも内が大誤算で3連敗!

2018517

千葉ロッテvsオリックスバファローズ

ZOZOマリンスタジアム

 

2連敗中のマリーンズはルーキーの渡邊が先発。打順は開幕以来不動のリードオフマンだった荻野が打撃不振によりついにスタメンから外れ、1番はルーキーの藤岡、2番加藤翔平、鈴木大地を9番に据えたチャレンジングなオーダーで望みます。オリックスは西が先発です。

 

ルーキー渡邊は5回を投げて自責点1

渡邊は初回、連打とフォアボールでいきなりノーアウト満塁のピンチを招きますが、ロメロ、小谷野、T-岡田を打ち取り無失点で切り抜けます。

しかし、2回にも連打を浴びて1失点、さらにショート藤岡のエラーが絡みこの回3失点となります。

渡邊は5回を投げ終えたところで101球で降板。被安打8は打たれ過ぎですが、与四球1で自責点1は及第点でしょう。もう一度投げさせて欲しいですね。

 

マリーンズ打線はオリックス西の前に7回を2得点に抑えられる!

マリーンズ打線は2回裏に角中のヒットから清田のスリーベースで1点を返し1-3。さらに5回裏に大地のスリーベースから、藤岡が内野ゴロにヘッドスライディングでアウトの判定が下されますが、リクエストで判定が覆ってタイムリー内野安打となり2-3。オリックス先発西の前になかなかチャンスが作れずに7回終えた時点でを2得点のみに抑えられます。

 

同点に追いつくも内-江村のバッテリーが3失点

しかし、西が降板した8回裏にリリーフ登板した山本を攻め、その山本の暴投でマリーンズは3-3の同点に追いつきます。

しか~し、続く9回表。中5日で登板の内が4安打で3失点で勝負あり。なおこの回から捕手は江村に代わっており、この回だけで3盗塁され暴投まで披露する始末。第二捕手が江村ではちょっと心許ないですね。

これでマリーンズは3連敗。借金は今シーズン最多の6。この調子で明日からは強敵ホークス戦です。長期連敗にならないことを祈りたいです。

 

 

123456789R
バファローズ
0
3
0
0
0
0
0
0
3
6
マリーンズ
0
1
0
0
1
0
0
1
0
3

勝ち:山本(1勝0敗1S)

負け:内(1勝2敗5S)

セーブ:増井(1勝0敗9S)

 

youtubeチャンネルで千葉ロッテの動画もアップしてます。

良かったらチャンネル登録お願いします。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

Pocket