エース涌井が抑えて中村が決勝点!投打の主役が活躍しロッテがソフトバンクに初勝利!

エース涌井が抑えて中村が決勝点!投打の主役が活躍しロッテがソフトバンクに初勝利!

2018518

千葉ロッテvs福岡ソフトバンクホークス

ZOZOマリンスタジアム

 

今シーズン対ホークス4連敗中で未だにホークスに勝てていないマリーンズ。今日はエースの涌井で勝ちにいきたいところ。対するホークスの先発は東浜。なお、この日の試合で千葉ロッテマリーンズのスタジアムアナウンサー(ウグイス嬢)を勤める谷保恵美さんが公式戦担当試合数が1700試合達成となりました。

 

序盤から1点を争う攻防で神経を使う展開!マリーンズが中村のタイムリーで5回に勝ち越し!

涌井は初回簡単に2アウトを取った後、柳田にヒットを打たれ、2盗を許し、不調のデスパにタイムリーを打たれあっさりと1点を先制されます。

しかしマリーンズも1回裏、先頭の荻野がヒットで出塁すると、2番藤岡はバント失敗しますが、3番中村は四球で12塁とすると、4番角中が三振で倒れた後、5番清田のタイムリーヒットに上林の悪送球も重なり、すぐさま2-1と逆転します。

2回表、勝ち越してもらった涌井ですが、珍しくけん制悪送球で得点圏にランナーを進めると、中村晃にタイムリーツーベースを打たれ2-2の同点とされてしまいます。

2回裏。マリーンズは鈴木大地のヒットと田村の四球でノーアウト12塁のチャンスを作りますが、9番加藤がバント失敗。その後、2アウト満塁と大チャンスを作りましたが、頼みの中村奨吾が三振に倒れ無得点で終わります。

その後は涌井・東浜の両先発が粘りのピッチングをみせ両チーム無得点が続きます。

5回裏。藤岡がヒットで出塁すると、先ほど満塁のチャンスで凡退した中村が3塁線を破るタイムリーツーベースで3-2と勝ち越します。その後2アウト13塁としますが、追加点はなりませんでした。

 

涌井が7回2失点!8回は大谷、9回は内がピンチを作るもゼロで凌いで薄氷の勝利!

涌井は7回を119球で2失点にまとめ降板しました。8回表はホークス柳田からの打順でしたがセットアッパーのシェッパーズではなく、左のワンポイントの松永でもなく、大谷が登板します。その大谷は2塁にランナーを背負い、福田にライト前ヒットを打たれますが、ライト加藤翔平の矢のようなバックホームで余裕を持って本塁捕殺。1点リードを死守しました。

そして9回は前日にリリーフに失敗している内が登板します。先頭の上林にヒットを打たれ、続く甲斐にバントを決められ1アウト2塁、同点のピンチを招きます。しかしここから内は代打グラシアルを三振に斬って2アウト。続く中村晃に対して井口監督は申告敬遠を宣言。逆転のランナーを背負っても不振の今宮との勝負を選択します。内は今宮をライトフライに仕留めゲームセット。

 

課題はあるも上位打線が揃ってマルチヒットで機動力野球が復調の兆し!

非常に苦しい試合でしたが、こういう試合をモノにできたことは非常に価値があります。これでマリーンズは今シーズンホークス戦初勝利となり、連敗も3で止め谷保さんの1700試合目で勝利を飾ることができました。

打線は2度のバント失敗や、チャンスであと1本が出ない所など反省点もありますが、1番荻野、2番藤岡、3番中村が揃ってマルチヒットを記録しました。。一発が期待できないマリーンズ打線において、足の速い1〜3番の出塁率は非常に重要になってきますので、荻野・藤岡・中村が調子を取り戻しているのは良い傾向です

投げては涌井がHQSの熱投で43敗と白星を先行させました。前日リリーフに失敗した内も、この日はエグいスライダーを投げてましたので心配ないでしょう。この調子でホークスに勝ち越しましょう。

 

123456789R
ホークス
1
1
0
0
0
0
0
0
0
2
マリーンズ
2
0
0
0
0
1
0
0
0
3

勝ち:涌井(4勝3敗)

負け:東浜(1勝4敗)

セーブ:内(1勝2敗6S)

 

youtubeチャンネルで千葉ロッテの動画もアップしてます。

良かったらチャンネル登録お願いします。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

Pocket