マリーンズが6年振りにホークスを3タテ!海賊打線が2桁得点で圧勝!

マリーンズが6年振りにホークスを3タテ!海賊打線が2桁得点で圧勝!

2018520

千葉ロッテvs福岡ソフトバンクホークス

ZOZOマリンスタジアム

 

ZOZOマリンでホークスに2連勝したマリーンズ。この日は3タテをかけて2年目左腕の土肥が初の先発マウンドに立ちます。ソフトバンクは2試合連続完封中の武田が先発です。

 

マリーンズが今日も先制!序盤で4点のリードを奪う!

1回表。土肥はヒットとフォアボールでノーアウト12塁のピンチを招くも、柳田・デスパイネ・グラシアルのクリーンナップを打ち取り無失点で凌ぎます。

すると1回裏。マリーンズは荻野がヒットで出塁し、牽制球を1塁のグラシアルが逸らし2塁に進むと、藤岡がキッチリと進塁打を打ち1アウト3塁。ここで3番中村奨吾がタッチアップするにはちょっと浅いフライを右中間に打ち上げてしまいますが、荻野はそれでもスタートしセーフの判定。相手のミスもありましたが、マリーンズが荻野の足を活かして1点を先制します。

土肥は2回表も先頭の松田にツーベースを浴び、1アウト3塁のピンチを招きましたが、高谷がスクイズ失敗しダブルプレーで無失点。ここも相手のミスに助けられます。

立ち上がり不安定な土肥でしたが、3回表から生命線のクロスファイヤーも決まり出し、今宮と中村晃を見逃し三振に仕留めこの回は3者凡退に抑えました。

そして3回裏、この日もマリーンズの海賊打線が繋がります。8番田村と9番加藤翔平の連続ヒットから、1番荻野のセーフティーバントもリクエストでセーフの判定となりノーアウト満塁のチャンスを作ります。続く2番藤岡は冷静に押し出しの四球を選び2-0。さらに3番中村がタイムリーを放ち4-0とリードを広げます。

 

土肥は勝利投手目前で無念の降板

4回表。土肥は3番柳田をスライダーで見逃し三振、4番デスパイネをショートゴロと簡単に2アウトを奪いますが、続く5番グラシアルにヒットを打たれ、6番松田にフォアボールを与えると、7番上林にタイムリーを浴び4-1

続く5回表。先頭の9番今宮、1番川島に連打を浴び、2番中村晃にバントで送られ1アウト23塁とすると、3番柳田に犠牲フライを打たれ4-2、2点差に迫られます

2アウト2塁で4番デスパイネという状況で、井口監督はピッチャーを土居から益田にスイッチさせます。その益田はデスパイネにフォアボールと与えるも5番グラシアスを打ち取り火消しに成功します。

土肥はあとアウト1つで勝利投手の権利が得られるというところでしたが、無念の降板となりました。42/383球、被安打6、自責点2という内容でした。

この交代についてですが。デスパに一発打たれたら同点であり、かといって1塁が空いてるからといって敬遠したら逆転のランナーとなってしまうという場面で、自己最長回を投げている土肥を諦め、前日の登板でも好調だった益田に切り替えるというのは合理的な判断だったと思います。この井口監督の采配は功を奏し、結局益田は6回までを無失点に抑えてくれました(なお、益田はヒーローインタビューでは「5回で終わりだと思ったら6回も行けと言われてうわーと思った」と言ってましたw)。

 

海賊打線がホークス武田から7得点!2試合連続の2桁安打で快勝!

打線の方は5回裏。荻野と中村のヒットで2アウトながら12塁のチャンスを作ると、4番角中がタイムリーツーベースを放ち6-2、さらに5番清田もタイムリーで続き、マリーンズの海賊打線が2試合連続完封中の武田から実に7点をもぎ取りました。

マリーンズは6回裏にも代わったホークスの二保から加藤翔平がタイムリーを打ち8-2

7回表に大谷がデスパイネに2ランを浴び8-4となりますが、8回はシェッパーズが3者凡退に料理します。そして9回は内が3人で片付けマリーンズがホークスを本拠地で3タテに下しました。

 

今年のマリーンズを牽引する荻野と中村が揃って絶好調!

対ホークス戦4連敗中だったマリーンズですが、本拠地ZOZOマリンで実に6年振りの3タテ。

以下がこの3連戦の千葉ロッテの安打数と得点数ですが、

5/189安打3得点

5/1914安打8得点

5/2011安打8得点

と、王者ソフトバンク相手にどちらが王者かわからないぐらい打線が圧倒してくれました。

 

今日はトップバッターの荻野が猛打賞+1四球で全ての打席で出塁し打率も.276まで回復。荻野はこの3連戦で8安打と完全に復調しました。やはり荻野が出塁できるかどうかが打線の鍵になってきます。

2番の藤岡もノーヒットですが、進塁打に押し出しのフォアボールとしっかりと仕事をしています。

さらに3番の中村もマルチヒットで3打点の活躍。1番の荻野が出て、2番藤岡がランナーを進め、3番中村で返すというのが得点パターンですので、中村が1年間好調さをキープできるかどうかも非常に重要です。

また、ラストバッターの加藤もマルチヒットを放ち9番打者ながら.279の打率で好調荻野に繋げるいい仕事をしてくれました。

と言うことで、いい雰囲気で3連勝できましたので、できるだけ長く連勝を伸ばしてまずは借金をゼロにしてもらいたいですね。

 

 

123456789R
ホークス
0
0
0
1
1
0
2
0
0
4
マリーンズ
1
0
3
0
3
1
0
0
×
8

勝ち:益田(2勝1敗)

負け:武田(2勝3敗)

 

youtubeチャンネルで千葉ロッテの動画もアップしてます。

良かったらチャンネル登録お願いします。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

Pocket