海賊打線が壮絶なシーソーゲームを制し千葉ロッテが広島カープに連勝!

海賊打線が壮絶なシーソーゲームを制し千葉ロッテが広島カープに連勝!

201863

千葉ロッテvs広島東洋カープ

ZOZOマリンスタジアム

 

前日爆勝した千葉ロッテ。1勝1敗で迎えたカープとの3戦目。中継ぎから先発へ転向した土肥が3度目となる先発マウンドに上がります。対する広島カープの先発は九里亜蓮です。

 

点の奪い合いで主導権が激しく入れ替わる展開

土肥が初回から掴まり”神ってる”鈴木誠也と”素敵メガネ”松山に連続タイムリーを浴び2点を先制されます。

しかしロッテ打線は1回裏すぐさま反撃に転じます。ここ最近また調子を上げてきた先頭の荻野がツーベースで出塁し、3番中村のタイムリーで1点を返すと、4番角中の進塁打の後、5番清田のタイムリーで同点。続く6番福浦さんも1977本目のヒットで出塁し13塁としますが、7番井上が倒れ同点止まり。

さらに3回裏、先頭の中村の内野ゴロがサードベースに当たって二塁打となるラッキーなヒットを打つと、再び角中が進塁打を放ちランナーをサードに進めると、清田のドン詰まりのファーストゴロの間にランナーが生還し、マリーンズが勝ち越します。

 

中盤、強力カープ打線に逆転を許す

しかし4回表、土肥が再びカープ打線に掴まります。會澤のタイムリーで同点とされ、なおもヒットとフォアボールで満塁のピンチを作ると、ここで降板。この絶体絶命の場面で、今シーズン初登板となる阿部が後を託されます。ここは阿部が菊池を見逃し三振に斬り、丸をファーストライナーに打ち取りこのピンチを凌ぎます。

ピンチを凌いだのも束の間、5回表にカープ打線がまた猛威を振るいます。鈴木の四球と松山のヒットから、藤岡のエラーで1点を勝ち越されると、代わった南が會澤の犠牲フライで3-52点差にされてしまいます。

 

海賊打線が繋がり打ち合いを制する

しかしロッテ打線も粘りを見せます。6回裏、先頭の角中がスリーベースで出塁するも、続く清田と福浦が倒れ、嫌~な雰囲気が漂いましたが、その後、海賊打線が怒涛の4連打。井上、鈴木大地、田村、荻野の4連続タイムリーで4点をもぎ取り7-5と逆転に成功します。

7回は大谷、8回は松永、9回はストッパーの内の無失点リレーでゲームセット。両軍合わせて23安打12得点の殴り合いをマリーンズが制しました。

 

セ・リーグの絶対王者に対して真正面から打ち勝ち2連勝。マリーンズは本当は強いんです。この調子で勝ちマクリましょう。

 

 

↓マリーンズは本当は強いと思う人はクリック↓

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
にほんブログ村

 

123456789R
カープ
2
0
0
1
2
0
0
0
0
5
マリーンズ
2
0
1
0
0
4
0
0
×
7

勝ち:南(1勝0敗)

負け:九里(1勝2敗)

セーブ:内(1勝2敗10S)

 

 

youtubeチャンネルで千葉ロッテの動画もアップしてます。

良かったらチャンネル登録お願いします。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

Pocket