中村奨吾の攻守での大活躍で鴎海賊団が竜退治!石川は6勝目!

中村奨吾の攻守での大活躍で鴎海賊団が竜退治!石川は6勝目!

20186月5

千葉ロッテvs中日ドラゴンズ

ナゴヤドーム

 

石川と奨吾の活躍でマリーンズが快勝し3連勝!

千葉ロッテは先発の石川が初回に連打と四球でいきなりノーアウト満塁のピンチを招きましたが、ここを1点で凌ぐと、以降は尻上がりで7回107球、3奪三振、被安打5、2四球、1失点とHQSの好投で6勝目。

千葉ロッテは1回表に角中のタイムリーで先制するも、その裏に同点に追いつかれるとその後はチャンスであと1本が出ず、1-1の同点で迎えた7回表にようやく中村奨吾の2ランホームランで勝ち越すと(奨吾は守備でも超ファインプレーをみせてくれました)、この回怒涛の6連打で4-1とリードを広げました。

その後、8回は益田、9回は内のリレーで中日打線を抑え込みマリーンズが勝利。

 

14安打で4得点の打線はまだまだ課題あり!

ヒットの数だけを見るとマリーンズ海賊打線は好調でした。荻野と鈴木大地が猛打賞、角中がマルチ安打、投手以外の先発全員安打を達成してます。しかしながら、14安打も放ち、おまけに四球も4つあったのですが、奪った得点はたったの4得点です。結果的に勝ったからいいものの、さすがに非効率過ぎますよね。この辺は勝って兜の緒を締めたいところです。

 

初回の守備は本塁でゲッツーを狙えたのか?

1回裏の千葉ロッテの守備を考察します。

この場面はノーアウト満塁でビシエドのサードゴロダブルプレーの間に中日に1点が入りましたが、本塁間でゲッツーできたんじゃないかってことですね。

 

サードゴロを処理する鈴木大地。この時点でまだサードランナー京田は3塁ベースの近くにいます。

大地はそのまま本塁には見向きもせずにセカンドに送球する体勢に入ります。

セカンドにスローイングする時点でまだランナーはこの位置にいます。

まぁ本塁に投げていてば本塁はアウトにはなったでしょうが、そうするとゲッツーが完成しなかった可能性もあります。まだ初回だったし、1点入ったとしてもまだ同点だし、大量失点を防ぐという意味では、1点を失っても確実にアウトを2つ取るというのは合理的なプレーだったのではないかと思います。

なお、この時のマリーンズの内野は前進守備をしていませんでした。なので、元々1点入るのは許容してセカンドでゲッツーを狙うという作戦だったのです。だから大地は迷いなくセカンドに投げたんです。

そして結果的に石川が次のバッターをライトフライに抑えて最小失点で凌いで、なおかつゲームにも勝った訳なので、結果としてもこの判断は正解だったということになりました。

 

 

とにもかくにも、これでマリーンズは3連勝です。そして明日は有吉が登板です。この勢いで有吉の先発初勝利&4連勝と行きたいですね。

 

 

↓有吉の先発初勝利を願うロッテファンはクリック↓

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
にほんブログ村

 

123456789R
マリーンズ
1
0
0
0
0
0
3
0
0
4
ドラゴンズ
1
0
0
0
0
0
0
0
0
1

勝ち:石川(6勝3敗)

負け:又吉(1勝2敗)

セーブ:内(1勝2敗11S)

 

 

youtubeチャンネルで千葉ロッテの動画もアップしてます。

良かったらチャンネル登録お願いします。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

Pocket