まるでデジャブ!千葉ロッテ2試合連続で悪送球での延長サヨナラ負け!

まるでデジャブ!千葉ロッテ2試合連続で悪送球での延長サヨナラ負け!

201869

千葉ロッテvs阪神タイガース

甲子園

 

先日のドラゴンズ戦に続き、マリーンズが2試合連続で延長サヨナラ負けです。しかもまたもや悪送球で決着となりました。まるで前回の試合のデジャブのような結果にしばらく呆然としてしまいました。

 

先発涌井は粘投で7回途中2失点

先発の涌井は初回に福留にソロホームランを浴び、6回裏にも福留に犠牲フライを打たれ2失点を喫しますが、持ち前の粘り強い投球で要所を締めて試合は作ってくれました。

4回裏には1アウト2塁としますが後続を断ち、5回裏にはノーアウト13塁のピンチを作りますが、田村の3塁牽制でサードランナーを刺しピンチを凌ぎました。

7回裏もノーアウト満塁としますが、1アウト後、松永にスイッチし、松永が期待に応え見事に火消しをしてくれました。

 

9回表にドリスを攻め同点に追いつくが逆転はならず!

千葉ロッテの2点ビハインドの9回表。阪神は抑えのドリスをマウンドに送りますが、藤岡・中村が連打で12塁とすると角中がライトへのタイムリーで2-1。ランナーは12塁となり、続く清田は3塁線へ絶妙なバントを決めます。これをピッチャードリスが1塁へ悪送球し2-2と同点に追いつき、ロッテファンが埋め尽くすレフトスタンドも大興奮に包まれます。

なおもノーアウト13塁で、このまま一気呵成に逆転としたいところでしたが、代打ドミンゲスは三塁線に強烈な打球を放つもサード大山のファインプレーでサードゴロ。続く大地はボール球を振って空振り三振。田村もセカンドゴロに倒れ逆転とはなりませんでした。結局ここで決め切れなかった事が敗北に繋がってしまった訳です。

 

延長も2度チャンスを作るもモノに出来ず!

10回表も加藤翔平のヒットと中村に四球と角中に死球で2アウト満塁の大チャンスを作ります。ここで阪神は藤川球児がマウンドへ。対するマリーンズが清田。藤川は全球ストレート勝負で気迫のピッチングを見せ、その気迫に押されるように清田はあえなく三振。藤川はまるで全盛期を思わせるような圧巻なピッチングでした。11回表からは能見が登板し球場がどよめきます。12回表にその能見を攻め2アウト2塁のチャンスを作りましたが、中村奨吾がいい当たりを打ちましたがセンターライナー。最後はその中村の悪送球でゲームセット。結果的に藤川と能見の投入という金本監督の采配がピタリとハマった形になりましたが、マリーンズ打線もチャンスであと一本を打てないところをなんとかしないと上位進出は難しいでしょう。

 

 

↓サヨナラ負けが悔しいロッテファンはクリック↓

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
にほんブログ村

 

123456789101112R
マリーンズ
0
0
0
0
0
0
0
0
2
0
0
0
2
ドラゴンズ
1
0
0
0
0
1
0
0
0
0
0
3

勝ち:能見(1勝2敗)

負け:南(1勝1敗)

 

 

 

youtubeチャンネルで千葉ロッテの動画もアップしてます。

良かったらチャンネル登録お願いします。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

Pocket