今日の千葉ロッテこんなにチャンスがあったのに1点しか取れず

今日の千葉ロッテこんなにチャンスがあったのに1点しか取れず

2018614

千葉ロッテvs横浜DeNAベイスターズ

ZOZOマリンスタジアム

 

マリーンズがベイスターズに逆転負け。延長戦にもつれ込み4時間半を超える長い試合でした。

 

渡邊が5回無失点の好投もまたしても勝ちが消える!

千葉ロッテ先発のルーキー渡邊は3度のピンチを凌ぎ5回を無失点の好投。

1回表に2アウト3塁のピンチで筒香に対して内角をストレートで突きレフトフライ。

2回表は1塁2塁のピンチをゲッツーで切り抜けます。1点リードで迎えた5回表にはノーアウト満塁と絶体絶命の危機を迎えるも、無失点で切り抜けました。

しかしながら7回表に大谷が簡単にツーアウトを取りながら、そこから3連打を浴び痛恨の失点。渡邊の勝ちを消してしまいました。

 

トコトン点が取れなかった海賊打線

以下が今日のマリーンズの凡退シーンです。とくとご覧くださいw

 

1回裏、中村奨吾が2アウトからツーベースを放ちますが、続く角中が倒れ無得点。

2回裏に1アウト2塁3塁のチャンスを作りましたが、パスボールで1点を先制するのみ。

3回裏に1アウトから藤岡がツーベースでチャンスメイクしますが、3番中村と4番角中が凡退。

4回裏には2アウト1塁2塁から田村のライト前ヒットでセカンドランナーの鈴木大地が本塁で憤死。井口監督がリクエストするも覆らず。

5回裏も2アウト満塁の大チャンスをドミンゲスがショートフライで潰します。

延長10回裏2アウト1塁3塁のサヨナラチャンスもドミンゲスがセンターフライ(当たりはよかったけどセンター正面)。

何度ため息が出たことか…この6度のチャンスのいずれかであと1本が出ていれば勝っていた訳です。

 

マリーンズは再び借金生活へ

10回裏のサヨナラのチャンスを逸した後の11回表に田中靖が掴まり3点を勝ち越されると、その裏ベイスターズは山崎康晃が満を辞して登板。今日の打線にヤスアキに対抗できる力があるはずもなく、あっさり3人で抑えられ敗北。今日も勝てたはずのゲームを落としてしまいました。この辺の勝負弱さというか、試合運びの下手さを何とかしてほしいものです。

 

明日は巨人の菅野と涌井のエース対決です。菅野を打ち崩して再び勝率を5割に戻しましょう。

 

↓菅野をKOするぞと息巻くロッテファンはクリック↓

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
にほんブログ村

1234567891011R
ベイスターズ
0
0
0
0
0
0
1
0
0
0
3
4
マリーンズ
0
1
0
0
0
0
0
0
0
0
0
1

勝ち:パットン(2勝0敗)

負け:田中(2勝1敗)

セーブ:山崎(1勝1敗13S)

 

 

youtubeチャンネルで千葉ロッテの動画もアップしてます。

良かったらチャンネル登録お願いします。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

Pocket