千葉ロッテは井上が2ホーマー&サイクル未遂の活躍もあと一歩及ばず!

千葉ロッテは井上が2ホーマー&サイクル未遂の活躍もあと一歩及ばず!

20186月24

千葉ロッテ6−8埼玉西武ライオンズ

ZOZOマリンスタジアム

 

1勝1敗で迎えたライオンズとの3戦目は6-8で敗北、マリーンズは交流戦後はじめのカードは負け越しとなってしまいました。

 

酒居が粘れず5失点!防御率1点台の南も3失点!

1軍復帰後2度目の先発となる酒居でしたが、3回表に山川にタイムリーツーベースを浴び先制されると、続く森にスリーランを打たれこの回4失点。

6回表にも1アウト2塁から、斉藤に前進守備のセンター荻野の頭上を越えるツーベースを浴び1点を追加され計5失点。酒居は5失点したのは頂けませんが、それでも6回までは投げきりました。

誤算だったのは3点差となった7回にリリーフした南が3点を失った事です。ここまで27試合に登板して防御率1.82と安定した投球を見せてくれていただけに、この3失点は痛かったです。

 

序盤にチャンスを作るもタイムリーが出ず!

打線は今日もチャンスを作るがタイムリーが出ない展開。2回裏に井上と鈴木大地のヒットでノーアウト12塁としましたが、清田がゲッツー、田村が三振で無得点。4失点を喫した直後の3回裏には、平沢と荻野のヒットと藤岡のフォアボールでノーアウト満塁としましたが、中村奨吾がサードゴロ、角中がゲッツーでクリーンナップでまさかの無得点。

 

井上の孤軍奮闘の活躍で食らいつくも・・・

体たらくな打線の中、アジャ(井上)が孤軍奮闘の活躍を見せてくれました。4回裏、井上のフェンス直撃のスリーベースから大地のセカンドゴロの間にようやく1点を返すと、6回裏には井上の2試合連続となるソロ弾で5-2とします。さらに井上は7回裏に四球で出たランナー2人を置いて迎えた打席で、バックスクリーンに2打席連続となる3ランをブチ込みました。二塁打が出ればサイクルヒットという状況でホームランという最高の結果を出してくれました。西武はリリーフ陣が不安定なので、ここで再び3点差まで詰めたことで逆転の希望を繋いでくれました。

そして迎えた最終回。藤岡のソロHR2点差として、あと1人出れば井上まで回るという状況になりましたが、中村と角中が倒れ、井上に回ることなくゲームセット。2日前の登板で3四球と乱調だったカスティーリョに対して、荻野が初級で内野ゴロ、中村も1ボールから2球目に手を出しフライアウト。アジャに繋ぐことが勝利には不可欠であることを考えると、あまりにも軽率な攻撃だったのではないでしょうか。

 

 

↓負けて悔しいけどアジャの活躍が嬉しいロッテファンはクリック↓

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
にほんブログ村

 

123456789R
ライオンズ
0
0
4
0
0
1
3
0
0
8
マリーンズ
0
0
0
1
0
1
3
0
1
6

勝ち:榎田(6勝2敗)

負け:酒居(1勝2敗)

セーブ:カスティーリョ(5勝4敗1S)

 

 

 

youtubeチャンネルで千葉ロッテの動画もアップしてます。

良かったらチャンネル登録お願いします。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

Pocket