エース石川の好投でロッテが快勝も未だ課題は山積み!

エース石川の好投でロッテが快勝も未だ課題は山積み!

20186月26

千葉ロッテ4−1東北楽天ゴールデンイーグルス

ZOZOマリンスタジアム

 

今日からZOZOマリンでのイーグルスとの2連戦。まずはマリーンズが先勝しました。良いところも悪いところもあったゲームを振り返ってみましょう。

 

石川は惜しくも完封ならず!

石川は楽天打線を8回まで無四球で散発の5安打に抑える完璧なピッチングを。しかし4点リードで迎え完封が見えた9回、3連打を浴び1点を失うと無念の降板となります。しかし1アウト1塁2塁で後を受けた内がアマダーをセンターフライに打ち取ると、3塁を狙った2塁ランナーを荻野が刺しゲームセット。最後の最後で1発浴びれば同点というピンチを招いてしまいましたが、しっかりと守り切る勝利を掴みました。石川は完封こそ逃しましたが、ボルシンガーとオリックスのアルバースと並びハーラートップタイの9勝目となりました。

 

打線は4点を奪うも今日も残塁祭り!

マリーンズ海賊打線は楽天先発の古川に1順目こそ苦しみましたが、2周り目となった4回裏に藤岡フォアボール、中村奨吾ツーベースで2塁3塁とし、4番角中の犠牲フライで1点を先制。なおも1アウト3塁と追加点のチャンスでしたが、井上が三振、鈴木大地はセカンドゴロで1点止まり。5回裏には先頭の菅野がヒットを打つと田村がバントで送り、大河がもう少しでホームランというライトポール際の大ファールを放った後にフォアボールを選ぶと、3打席目の荻野が2点タイムリースリーベースを放ちました。さらに相手の暴投で1点を追加し4-0とします。ここまでは良かったのですが、ここから先がいけませんでした。

 

2度の満塁のチャンスでいずれも無得点!

酷かったのは6回裏。まずは1塁3塁から1塁ランナー岡田が二盗を試みた際に3塁ランナー角中がホームに突っ込みアウト(井口監督の試合後のインタビューから察するに岡田の単独スチールのサインだったっぽい)。その後、連続四球で2アウト満塁とするも、飛び出していた1塁ランナー田村が嶋に刺され牽制死。2つの残念な走塁ミスでチャンスを潰します。

7回裏も1アウト2塁で藤岡のピッチャーライナーでゲッツー(これは福山の好守なのでしょうがない)。

8回裏も非常に残念な展開でした。相手ピッチャーの乱調で3つの四死球で1アウト満塁としますが、菅野がボール球に手を出し三振。田村も同じようにボール球に手を出しピッチャーゴロ。相手ピッチャーの状態を考えれば、見ていけば押し出しの可能性も十分にあったはずです。少なくとも有利なカウントで勝負ができたはずです。打席ではもっと頭を使ってクレバーでいてほしいですね。結局、ここで追加点を奪えなかったことが原因で最終回に肝を冷やした訳です。

 

明日は有吉と則本の投げ合いです。NPB屈指のピッチャーである則本に投げ勝つことができれば有吉にとっては大きな自信に繋がるでしょう。打線の援護を期待します。

 

↓有吉の勝利を信じるロッテファンはクリック↓

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
にほんブログ村

 

123456789R
イーグルス
0
0
0
0
0
0
0
0
1
1
マリーンズ
0
0
0
1
3
0
0
0
0
4

勝ち:石川(9勝3敗)

負け:古川(3勝2敗)

セーブ:内(1勝2敗16S)

 

 

 

youtubeチャンネルで千葉ロッテの動画もアップしてます。

良かったらチャンネル登録お願いします。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

Pocket