”マリンの風”と”有吉の修正能力”と”盤石なリリーフ陣”でロッテが4月17日以来の貯金2!

”マリンの風”と”有吉の修正能力”と”盤石なリリーフ陣”でロッテが4月17日以来の貯金2!

20186月27

千葉ロッテ4−3東北楽天ゴールデンイーグルス

ZOZOマリンスタジアム

 

有吉は初回に乱れるもすぐに修正しクオリティースタート!

初回。先頭の田中をフォアボールで出塁させると、牽制悪送球で一気に3塁へ。相手は何もしてないのに、いきなりランナーを3塁まで進めてしまいます。すると2番茂木に犠牲フライを打たれノーヒットで先制されます。

しかし有吉はその後しっかりと修正し、楽天打線をペゲーロの2打席連続ホームランの2失点のみに抑えます。この唯一タイミングがあっていたペゲーロのHRも両方ソロであったことも幸いし、6回を6安打3失点とQSで投げきってくれました。

 

運も味方して勝ち越したが実質はタイムリー0!

マリーンズ海賊打線は1回裏。荻野と角中のヒットで2アウト1塁3塁とすると、井上はフライに打ち取られますが、強風の影響でボールが大きく流れレフトの前に落ちラッキーな2点タイムリーツーベースとなりました。

ペゲーロのソロで追いつかれた直後の3回裏には、ツーベースを放った藤岡が則本の暴投で3塁まで進むと、4番角中がきっちりと犠牲フライで勝ち越しに成功します。

5回表に再びペゲーロのソロで追いつかれましたが、6回裏に井上のツーベースと鈴木大地のヒットでノーアウト1塁3塁とし、菅野の犠牲フライで再び勝ち越します。

勝ったからいいものの、5回裏に1アウト満塁のチャンスで角中がゲッツーに倒れた点は反省点でした。さらに1回裏の井上のタイムリーは本来は打ち取られていたあたりなので、今日のマリーンズは実質タイムリーが出なかったことになります。ここから上位進出を目指す上で、このタイムリー不足は早急に解消しなければなりません。

 

好調のリリーフ陣が完璧なリリーフ!

リードを奪ったロッテは7回は松永、8回は益田、9回は内がランナーを1人も出さないパーフェクトリリーフで1点差を守り切り接戦をモノにしました。

有吉はこれで3連勝で3勝目。1回の守備はマズかったですが、すぐに立て直しペゲーロ以外はしっかり抑えて則本に投げ勝ったのは評価できます。さらなる飛躍に期待したいですね。飛翔(被本塁打)はしないでほしいですが。

松永は15ホールドで防御率も2.04と1点台目前。益田は9試合連続無失点で防御率は驚異の1.44。内はリーグ2位の17Sと中継ぎ陣は好調を維持しています。非常に心強いですね。

 

これでマリーンズは4月17日以来の貯金2となりました。明後日からはヤフオクDでソフトバンク戦です。この勢いで勝利して貯金を増やしていきましょう。

 

↓貯金2に歓喜したロッテファンはクリック↓

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
にほんブログ村

 

123456789R
イーグルス
1
0
1
0
1
0
0
0
0
3
マリーンズ
2
0
1
0
0
1
0
0
×
4

勝ち:有吉(3勝1敗)

負け:則本(4勝8敗)

セーブ:内(1勝2敗17S)

 

 

 

youtubeチャンネルで千葉ロッテの動画もアップしてます。

良かったらチャンネル登録お願いします。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

Pocket