ホークスにサヨナラ負けした千葉ロッテの敗因を分析する

ホークスにサヨナラ負けした千葉ロッテの敗因を分析する

20186月29

千葉ロッテ5−6福岡ソフトバンクホークス

ヤフオクドーム

 

マリーンズが2点リードで迎えた9回に逆転され、まさかのサヨナラ負け。敗因はズバリ、チャンスで点を取れない打線とストッパー内の誤算でした。

 

涌井は7回2失点で復調するも!

マリーンズ先発の涌井は初回、先頭の上林に四球を与えると、2アウト後に柳田に強烈なホームランを浴びてしまい早々に2失点。今日も相変わらず立ち上がりは悪かったです。

2回表もヒット2本を打たれ、1アウト1塁3塁と悪い流れは続きます。しかしここでホークスがディレイドスチールを仕掛けてきますが、田村が冷静に3塁ランナーの松田を挟みアウトにします。結果的にこのミスがホークスとしては致命的でした。涌井はこの回を無失点で凌ぐと、その後10者連続でアウトに打ち取る等の好投を見せ、2塁を踏ませない好投で7回を投げきりました。

8回は益田が上林に1発を浴びるも2アウトを奪い、柳田を迎えたところで松永にスイッチし、その松永が1球で柳田を仕留め反撃を断ちました。

 

2桁安打で5点を奪うも2度の満塁のチャンスで無得点は大反省!

マリーンズ打線は3回表に8番田村と9番平沢大河がフォアボールを選ぶと、荻野がタイムリーツーベースで1点を返します。さらに続く藤岡が逆転となる2点タイムリーを放ちました。さらに中村奨吾と角中もヒットで続き怒涛の4連続ヒット(6連続出塁)。1アウト満塁となりましたが、5番井上が三振、6番鈴木大地もライトフライで倒れ満塁のチャンスで追加点は奪えませんでした。

しかしロッテ打線は4回表も清田のフォアボールと田村のヒットから、大河がバントで送り1アウト2塁3塁とすると、ホークス先発中田がここで降板。代わった岡本から荻野が犠牲フライを放ち4-2とリードを広げます。

6回表にも1アウト満塁のチャンスを作りましたが、荻野が三球三振、藤岡も三振に倒れまたしても満塁で無得点。

リードしながらもマズイ攻めをして重たい雰囲気にもなる中、7回表に井上の貴重なソロホームランが飛び出しリードを3点に広げます。

9回表にも奨吾のツーベースでノーアウト2塁としますが、ここでも後続が続かず無得点。

この試合、マリーンズは2桁安打を放ち5点を奪ったものの、あと2〜3点は取れていたはずです。2度の満塁のチャンスとノーアウト2塁のチャンスで無得点だった事が、大きな敗因になりました。

 

内が3失点でサヨナラ負け!

2点リードで9回裏を迎えましたが、いきなりデスパイネ、松田に連続ヒットを浴びピンチを迎えます。しかし続く甲斐のバントを内自らの好フィールディングでゲッツーとし、2アウト2塁とします。しかし続く福田に痛恨のフォアボールを与えてしまいます。すると続く長谷川にタイムリーを浴び1点差に迫られると、最後は上林に逆転サヨナラスリーベースを打たれゲームセット。あと1人の場面で福田にフォアボールを与えてしまったのが痛すぎました。

 

これが勝ち方を知っている王者ホークスとの差なのか、この試合に続いて今シーズン2度目のホークス戦でのサヨナラ負けで、千葉ロッテは再び5位に転落。上位に食らいついていくためにも、明日はボルシンガーなので絶対に勝ちましょう。

 

 

↓ショック過ぎて何もやる気が起きないロッテファンはクリック↓

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
にほんブログ村

 

123456789R
マリーンズ
0
0
3
1
0
0
1
0
5
ホークス
0
0
0
1
3
0
0
0
7

勝ち:嘉弥真(2勝1敗)

負け:内(1勝3敗17S)

 

 

 

youtubeチャンネルで千葉ロッテの動画もアップしてます。

良かったらチャンネル登録お願いします。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

Pocket