千葉ロッテが敵地でソフトバンクに連勝!3位に3チームが並ぶ激アツな展開!

千葉ロッテが敵地でソフトバンクに連勝!3位に3チームが並ぶ激アツな展開!

2018年7月1

千葉ロッテ4−1福岡ソフトバンクホークス

ヤフオクドーム

 

マリーンズが敵地でホークスに勝ち越しました。初戦のサヨナラ負けのショックを物ともせずに、その後2連勝した所にチームとしての成長を感じました(もちろんまだまだ課題もたくさんありますが)。

 

酒居が7回1失点の好投!益田と内の鉄壁リリーフ!

酒居は初回に先頭の上林にヒットを打たれた後、送りバントと四球で1アウト1塁2塁のピンチを招きますが、4番柳田と5番デスパイネを打ち取り無失点で切り抜けます。このピンチを凌ぐと波に乗った酒居は2回から4回まで1人のランナーも出さない好投。5回裏には先頭の内川にツーベースを打たれますが、後続を断ち無失点。7回裏にデスパイネにソロを打たれますが、失点はこの1点のみで7回まで投げきりました。8回裏は益田が3人で抑え、9回裏は3連投となった内が同じく3人で斬り危なげなくマリーンズが勝利しました。

 

序盤は今日も点が入らない海賊打線!

マリーンズ打線は制球が荒れていたバンデンハーク相手にあと一本が出ず、2回表には2つの四死球で1アウト1塁2塁とするも田村と平沢が連続三振。3回表は藤岡がフォアボールと盗塁で2アウト2塁としますが、角中が三振。4回表は井上のヒットと鈴木大地の四球でノーアウト1塁2塁としますが、続く菅野がバント失敗(なぜ制球に苦しんでいる相手に対してわざわざ1アウトを与えるバントを選択したのか、疑問の残る采配でした、しかも失敗して進塁も出来ず)、さらに田村がゲッツーとここでも無得点。付け入る隙がありまくるバンデンハークに対して、今日もあと一本が出ず嫌な流れで試合は進んで行きます。

 

中盤以降は打線が繋がり4得点!

しかし5回表やっと試合が動きます。荻野が絶妙なセーフティーバントで出塁すると、二盗を決め、藤岡も四球で出塁、続く中村奨吾がレフト前へ先制のタイムリーを放ちようやく欲しかった先制点が入りました。さらに角中もしぶとくセンター前へ運び2点目を奪います。

7回表には再び3つの四死球で1アウト満塁とし、井上があわやグランドスラムという大きな犠牲フライを放って1点を追加します。

さらに8回表には菅野が四球で出塁すると田村が送り、平沢がレフトへタイムリーを放ち4点目を奪いました。

ソフトバンク投手陣が8四球・4死球と荒れまくっていたということもありますが、中盤以降は良い攻めが出来ていたと思います。

 

3チームが3位で並ぶ激アツな展開!

これでマリーンズ・ホークス・バファローズの3チームが3位で並ぶという超大混戦の様相を呈してきました。2位のファイターズとも3ゲーム差、首位のライオンズとも4ゲーム差です。優勝も狙える位置にいますし、気を抜けばあっという間に5位転落もあり得るという、非常にエキサイティングな展開になってきました。もちろん、マリーンズは再び下位に沈む気など毛頭ありません。火曜からは3位で並ぶオリックスと直接対決です。初戦は石川だと思うので、しっかり取ってまずは単独3位を目指していきましょう。

 

↓ホークスに勝ち越して嬉しいロッテファンはクリック↓

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
にほんブログ村

 

123456789R
マリーンズ
0
0
0
0
2
0
1
1
0
4
ホークス
0
0
0
0
0
0
1
0
0
1

勝ち:酒居(2勝2敗)

負け:バンデンハーク(5勝6敗)

セーブ:内(1勝3敗19S)

 

 

 

youtubeチャンネルで千葉ロッテの動画もアップしてます。

良かったらチャンネル登録お願いします。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

Pocket