チャンスで点が取れないロッテ打線が13残塁で惨敗!

チャンスで点が取れないロッテ打線が13残塁で惨敗!

2018年7月4

千葉ロッテ2−4オリックスバファローズ

京セラドーム

 

マリーンズは何度も何度もチャンスを作りながら得点を奪えずにバファローズに逆転負け!

 

先発金子千尋から2点を奪うも、その後のチャンスでは点を奪えず!

千葉ロッテは初回に藤岡の二塁打でチャンスを作りましたが、中村奨吾と角中が連続三振で無得点。しかし2回表に福浦さんの1978本目のヒットを含む3連打で1点を先制すると、その後満塁として荻野の内野ゴロの間に2点目も奪いました。

しかしながら結局点を奪ったのはこの回のみで、5回表は先頭の荻野がツーベースで出塁し、藤岡が進塁打を放ち1アウト3塁にしますが、奨吾内野ゴロ、角中死球を挟んで井上が三振で無得点。

6回表は1アウト満塁のチャンスで荻野が最悪のキャッチャーファールフライ。藤岡も三振に倒れここも無得点。

7回表は2アウトから連続四球で1塁2塁としますが、福浦さんがセンターフライでスリーアウト。

ロッテ打線が情けないのか、金子が凄いのか分かりませんが、どれだけチャンスを作ってもモノに出来なければ勝負には勝てません。

なお、9回表にも増井に対して2つの四球で2アウト1塁2塁としましたが、鈴木大地が倒れゲームセットになりました。

実に今日のマリーンズは13残塁でした。

 

投手陣は粘りのピッチングを見せるも最後はオリックスの執念に屈する!

先発の有吉は調子が悪いながらも持ち前の粘りのピッチングで5回を1失点と試合は作りました。84球で降板だったのであと1回投げさせてもいいかなぁという感じではありましたが、今日の調子を見た上での井口監督の判断だったのでしょう。

6回裏に登板した田中靖洋が1点を失い同点にされると、8回裏に益田が2点を勝ち越されました。益田の投球自体は悪くはなかったです。後藤駿太には合わせただけの打球がレフト前ヒットになりチャンスを広げられ、決勝点となった安達の打球も完全に詰まらせて打ち取った打球でしたが、3塁ランナーの好走塁もあり間一髪で本塁は間に合いませんでした。今日の敗因を投手陣に求めるにはあまりにも酷な気がします。

 

勝負どころで打てるかどうか!

負けた原因は”ここぞ”という場面でキッチリ点が取れたかどうかです。それが顕著に現れていたのは6回表の1アウト満塁でフライアウトになった荻野と、8回裏の1アウト1塁3塁の場面でゴロを転がして勝ち越し点を奪った安達との差でしょう。オリックスには何が何でも点を取るんだという執念もありました。

こういった勝負所での甘さは、マリーンズにまだまだ勝ち癖が付いていないということの証左でしょう。この辺の勝負勘は百戦錬磨の井口監督から各選手に伝授してほしいところですね。

 

さて、明日は久々の登板となる唐川です。打線の爆発に期待してます。

 

 

↓打線の奮起に期待するロッテファンはクリック↓

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
にほんブログ村

 

123456789R
マリーンズ
0
2
0
0
0
0
0
0
0
2
バファローズ
0
0
0
0
1
1
0
2
×
4

勝ち:山本(4勝0敗1S)

負け:益田(2勝2敗)

セーブ:(1勝0敗22S)

 

 

 

youtubeチャンネルで千葉ロッテの動画もアップしてます。

良かったらチャンネル登録お願いします。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

Pocket