ボル神ガーと井上もスゴかったが何より嬉しいのは大河の初ホームラン!

ボル神ガーと井上もスゴかったが何より嬉しいのは大河の初ホームラン!

2018年7月7

千葉ロッテ9−1北海道日本ハムファイターズ

ZOZOマリンスタジアム

 

マリーンズが14安打9得点の猛攻でファイターズに圧勝しました。その圧勝劇を投打に分けて振り返ります。

 

井上の14号と大河の初ホームラン!

ボルシンガーの時はなぜか打ちまくる井上が5回裏に14号となる3ランを放ち、6回裏にはダメ押しの犠牲フライも打ち4打点の大活躍。なお井上はホームラン14本のうち、実に半分の7本をボルシンガーの登板時に放っています。

そして平沢大河にも今シーズン第1号が飛び出しました。大河は待望のZOZOマリンでの初ホームランです。マルチヒットの活躍に加えて四球も1つ選び打率も.231まで上げてきました。

3番の中村奨吾は猛打賞でチャンスメイクし、4番角中も大事な場面での2度のタイムリー(先制点と3点目)を含む猛打賞で2打点と、クリーンナップがしっかりと機能しました。

 

ボルシンガーにアクシデントも大量援護で余裕を持った継投!

ボルシンガーはピンチは作りましたが要所を抑え、失点はアルシアのソロの1点のみと相変わらずの安定した投球を披露してくれました。62アウトから足が攣ったため緊急降板しましたが、大事には至っていないようで安心しました。

後続のピッチャーは田中、南、西野、チェンと、大量リードの精神的な余裕もあり見事な無失点リレーを見せてくれました。

ただ、一つだけ継投で解せなかった点は、8点もリードしているのに7回表に南を投入したことです。9連戦中で疲労も気になるところですので、チェンに2イニングを任せてもよかったと思います。

ボルシンガーはこれでハーラー独走となる11勝目。そして成瀬以来となる10連勝です。

 

千葉ロッテが単独3位に!

今日の試合はボルシンガーのピッチングも素晴らしかったですし、井上のバックスクリーンへのホームランも見事でしたが、今日は何と言っても大河のホームランですね。現地で見れた人はホント羨ましいです。

オリックスとホークスは試合がなかったので、今日の勝利でマリーンズは単独3位になりました。貯金も今シーズン最多の4です。2位の日本ハムとも1.5ゲーム差まで迫っています。明日は前回良いピッチングをしている酒居です。連勝して3位の地固めと同時に2位追撃をしていきましょう。

 

 

↓大河の本拠地初ホームランに歓喜のロッテファンはクリック↓

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
にほんブログ村

 

123456789R
ファイターズ
0
0
0
0
1
0
0
0
0
1
マリーンズ
2
0
0
0
6
1
0
0
0
9

勝ち:ボルシンガー(11勝1敗)

負け:高梨(5勝5敗)

 

 

 

youtubeチャンネルで千葉ロッテの動画もアップしてます。

良かったらチャンネル登録お願いします。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

Pocket