どっちが最下位かわからない酷い試合

どっちが最下位かわからない酷い試合

2018年7月16

千葉ロッテ−東北楽天ゴールデンイーグルス

ZOZOマリンスタジアム

 

後半戦は最悪のスタート!

今日から後半戦が始まりました。上位進出に向けてスタートダッシュを切りたいところでしたが、最悪のスタートとなってしまいました。

試合は4回裏に井上が一発を放ち、先発の涌井も7回122球1失点の好投を披露すると、8回裏に角中の勝ち越しタイムリーで2-1と千葉ロッテの1点リードで9回を迎えました。しかし、抑えの内が枡田にまさかの一発を浴び同点とされると、延長10回表に益田が1点を勝ち越されました。その裏、福浦さんのツーベース等でノーアウト1塁2塁のチャンスを作りましたが、三木のバント失敗と、菅野の三振からセカンドランナー伊志嶺が3塁で刺されゲッツーとなりゲームセット。

 

打てない大地を使い続けるのか

6回裏に3つの四死球で満塁のチャンスを作るも6番鈴木大地がレフトフライで無得点。8回裏に角中のタイムリーで1点を勝ち越した後も、1塁2塁のチャンスで再び大地が空振り三振。このどちらかで点が奪えていれば今日の試合は勝てたでしょう。大地のここ最近のチャンスでの打てなさ具合は深刻です。低調なバッティングが守備にも影響を及ぼしており、6番はおろかスタメン起用ですら疑問符が付きます。一度スタメンをドミンゴに譲り、ベンチから試合を俯瞰して見ることも必要ではないでしょうか。井口監督にはぜひ決断してもらいたいものです。

 

またしても勝てるゲームを落としたマリーンズ

6回に満塁で点が奪えず、8回の攻撃でも最小点しか奪えず、9回に2アウトから同点ホームランを打たれ、10回もノーアウト1塁2塁から点が奪えず、本当にフラストレーションの溜まる負け方でした。「勝てるゲームを落とした」のはもう何度目でしょうか。

良かったことは涌井が3試合連続でHQS(7回以上を2失点以下)でエース復活を見せつけてくれたことと、アジャが17号で量産体制に入ったこと、福浦さんの1983本目の安打が見れたことでしょうか。

 

 

↓チャンスで打ってくれというロッテファンはクリック↓

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
にほんブログ村

 

12345678910R
イーグルス
0
0
0
0
1
0
0
0
1
1
3
マリーンズ
0
0
0
1
0
0
0
1
0
0
2

勝ち:宗家豪(2勝2敗)

負け:益田(2勝3敗)

 

 

 

 

youtubeチャンネルで千葉ロッテの動画もアップしてます。

良かったらチャンネル登録お願いします。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

Pocket