【試合詳細】強いぞロッテ首位西武に連勝!/18年4月11日ロッテVS西武

【試合詳細】強いぞロッテ首位西武に連勝!/18年4月11日ロッテVS西武

首位西武に連勝なるか!風速18mの強風吹き荒れるZOZOマリン!

2018411

千葉ロッテVS埼玉西武

ZOZOマリンスタジアム

 

前日に8連勝中の西武の勢いを止めた我らがマリーンズ。先発二木で連勝といきたいところです。対するライオンズの先発はカスティーヨ。この日は最大18mの強風が吹き荒れる中での試合でした。

初回に先制されるもすぐに逆転

1回表、一番秋山をショートゴロに打ち取るも、2番源田にカウント1-3からフォアボールを与え、続く3番浅村の打席で源田に盗塁を許してしまいます。浅村は追い込んでいたのですが、右中間にツーベースを打たれ、二木は立ち上がりにアッサリと先制点を奪われてしまいました。続く4番山川にはフルカウントからファールで粘られ3塁線を破られるツーベースを打たれ0-2となりました。が、5番森友哉はセカンドゴロ、6番中村剛也はサードゴロに打ち取り2点で凌ぎました。二木は初回から31球を費やす苦しい投球でした。

1回の裏。追いつきたいマリーンズに対して、西武先発のカスティーヨは150キロを超えるストレートでガンガン押してきます。1回裏は先頭の荻野の荻野は追い込まれながら8球粘って四球を選択。一番らしい良い働きをします。そして塁に出るや足でプレッシャーをかけます。2番藤岡はレフトフライに倒れますが、3番中村奨吾がセンター前ヒット、そして4番井上はフォアボールで満塁の大チャンスを作ります。しかし5番鈴木大地は内野フライ。三者残塁かもという悪い予感が脳裏をよぎりましたが、6番菅野があわやホームランかという走者一掃のタイムリースリーベースを放ち逆転に成功します。押せ押せムードでもう一点追加したいところでしたが、7番福浦さんはいい当たりもセンターフライに倒れスリーアウトとなりました。

首位西武相手に先制されてもすぐさま逆転に成功し、やはり今年のロッテは昨年とは一味違うと感じずにはいられません。

逆転してもらった二木は2回の表を7番外崎を三振、8番メヒアをサードゴロ、9番金子侑司をセカンドゴロとサクッと片付けます。

2回裏のロッテは8番清田が連日の侍スイングで三振、9番田村は四球で出塁も、1番荻野はカスティーヨのストレートがコースに決まり見逃し三振。しかし続く2番藤岡が四球を選び得点圏にランナーを進めますが、中村奨吾は惜しくも内野ゴロで追加点ならず。

2回裏までで二木は42球、カスティーヨはなん60球を投げ、試合時間も約1時間も経過するという長~い序盤の攻防になりました。

3回表の二木は先頭の秋山をライト前ヒットで出塁させるも、盗塁をきっちり刺し、2番源田を空振り三振、続く浅村をサードゴロと3人で終わらせます。

3回裏のロッテの攻撃は4番井上と5番大地が共に一塁ファールフライで倒れるも、6番菅野はツーベース。7番福浦さんが1969本目のヒットとなるレフトへのツーベースで4-2とリードを広げます。8番清田はショートゴロでスリーアウト。

 

二木の粘りのピッチング!打線は6回にリクエストで貴重な追加点!

4回表の二木は4番山川はショートゴロに打ち取るも、5番森にヒットから盗塁を許し、さらに暴騰も重なり3塁まで進めてしまいます。6番中村は内野フライも、7番外崎には四球から走られ23塁のピンチ。一打同点の場面で怖いバッターメヒアを迎えますが、ここはカーブで空振り三振に抑えました。

4回裏のロッテは9番田村、1番荻野は凡退するも、2番藤岡がフォアボールで出塁します。3番中村がセカンドゴロに倒れますが、3人で攻撃を終わらせないのは評価できます。

5回表は9番金子侑司をセンターフライ、1番秋山はショートとレフトの間に落ちるポテンヒットを打たれるも、2番源田をゲッツーに料理し流れは渡しません。

5回裏のマリーンズの攻撃は、先頭の井上がフォアボールで出塁。ここで西武は球数が100球に達した先発のカスティーヨから小石にスイッチ。カスティーヨはフォアボールが6つと乱調でした。

続く5番鈴木大地が初球できっちりバントを決め得点圏にランナーを進めます。ここで本日2安打と当たっている菅野でしたが内野ゴロの間にランナーを3塁に進めるにとどまります。進塁打止まり。迎えた7番福浦さんも空振り三振に倒れ、この回はノーアウトのランナーを返せませんでした。

6回表の二木は先頭の3番浅村を直球で見逃し三振に打ち取るも、4番山川にこの日2本目のツーベースを打たれます。続く5番森友哉のライトフライで山川はサードへタッチアップ成功。続く6番中村は鋭いセンターへの当たりを放ちますが、荻野がランニングキャッチし、無失点で凌ぎました。

6回裏は西武のピッチャーが高木勇に交代します。ロッテの攻撃は先頭の清田が左中間にツーベースヒット。清田は侍スイングをしたかと思えば、強烈な打撃を見せたりと調子が良いのか悪いのか分からない謎のバッティングを見せてくれますw

続くラストバッターの田村がバントの構えを見せますが、2球続けてバントを失敗。一瞬嫌な雰囲気になりましたが、結果的にファーストゴロでランナーは3塁に進めました。1アウト3塁で1番荻野が応援歌に乗ってレフト前へタイムリーヒットを打ち5-2と西武を引き離します。

続く2番藤岡の打席でピッチャー高木は暴投します。ここで1塁ランナーの荻野は、キャッチャー森が一瞬ボールを見失った隙を突き2塁ベースも回って一気に3塁まで進みます。結局、藤岡はフォアボールを選び13塁とチャンス拡大。藤岡はこの日3つ目のフォアボールです。選球眼いいですねー。

続く3番中村のライトフライで荻野はタッチアップするもホームはアウトの判定。これに井口監督がすかさずリクエスト。球場にスローVTRが流れましたが明らかにセーフに見えました。予想通り判定が覆り6-2となります。続く井上はサードライナーに倒れますが、効果的な攻撃で中盤に追加点を重ねた攻撃は見事でした。

 

西武に2連勝も田村のバント失敗が気になる…

7回表も二木は続投。先頭外崎を空振り三振もメヒアにはセンターへヒットを打たれます。続く9番金子侑司に代打の松井稼頭央がコールされますが1塁ファールフライに打ち取りました。しかし1番秋山には猛打賞となるセンター前ヒットを打たれ12塁となったところで二木は降板し松永に後を託します。変わった松永は2番源田をファーストゴロに打ち取りキッチリと火消しをしました。

二木はこの日63分の2を投げ、8安打を打たれるも初回の2失点だけに抑え試合を作りました。奪三振は52四球でした。

7回裏は西武のピッチャーはワグナーに代わり、5番の大地がフルカウントからこの日8個目のフォアボールで出塁しますが、続く菅野は内野ゴロゲッツー。7番福浦さんはショートゴロでスリーアウト。

8回表のマウンドはシェッパーズが上がります。先頭の3番浅村に鋭い打球を打たれますがレフトライナー。続く4番山川と5番森には連続フォアボール。風の影響かシェッパーズはストライクが入りません。続く打率1割台でまだホームランのない中村はなんとか空振り三振に打ち取りますが7番外崎にセンター前にタイムリーを打たれ6-3。そして一発出れば同点の場面で嫌な打者メヒアを迎えます。ここはシェッパーズがピッチャーゴロに抑えなんとか攻撃を切りました。

中村とメヒアが本調子じゃないので助かりましたが、この両選手に当たりが出始めたら西武打線は手が付けられなくなります。中村とメヒアはまだしばらく冬眠しててほしいですね。

8回裏、西武はピッチャーが伊藤に代わります。この回の先頭バッターの8番清田はマルチヒットとなるライト前ヒット。

続く田村は初球をバントするもファール。田村は前の打席から数えると3回連続でバントを成功できてません。結局2球目をヒッティングし内野フライ。これにはファンからもヤジが飛んでました。田村はこういう細かい仕事をキッチリこなしてもらわないと困ります。しかし、次の打者荻野はライト前にヒットを打ち12塁とチャンスを広げます。ですが、2番藤岡は内野ゴロ、3番中村も外野フライでこの回は追加点なりませんでした。

9回表は内が登板。代打栗山を空振り三振。続く秋山もファーストゴロに打ち取るも井上がトンネルし出塁。すると2番源田がレフトオーバーのツーベースで23塁。3番浅村をフルカウントからストレートで空振り三振。4番山川もピッチャーゴロに打ち取り6-3でゲームセット。

8連勝中だった絶好調の西武に2連勝。今年のロッテはやってくれる気がします。

まりほーー!

Pocket